>   >  ACADEMIC meets INDUSTRY:No.018:九州大学 大学院芸術工学研究院 松隈研究室
No.018:九州大学 大学院芸術工学研究院 松隈研究室

No.018:九州大学 大学院芸術工学研究院 松隈研究室

本連載では、アカデミックの世界に属してCG・映像関連の研究に携わる人々の姿をインダストリーの世界に属する人々に紹介していく。第18回では、芸術、および工学の両方の知見をもつ人材の育成を目指し、シリアスゲームプロジェクトなどを推進している九州大学 大学院芸術工学研究院の松隈浩之准教授に自身の研究室について語っていただいた。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 258(2020年2月号)掲載の「ACADEMIC meets INDUSTRY 九州大学 大学院芸術工学研究院 松隈研究室」を再編集したものです。



TEXT_松隈浩之 / Hiroyuki Matsuguma
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
取材協力_芸術科学会

大学院と凸版印刷で3DCGの研究、制作に従事

九州大学 大学院芸術工学研究院の松隈浩之と申します。現在在籍している芸術工学部の前身である九州芸術工科大学で3DCGについて学び、その後、凸版印刷のGALA(グラフィックアートラボラトリー)での勤務を経て現職にいたります。


学生時代は当時赴任されたばかりの源田悦夫先生の研究室に所属し、最先端かつ高価だったSGIのワークステーションとソフト(Wavefront)を独占して四六時中3DCG映像の制作活動を行なっていました。3DCGを始めたきっかけは、ディズニーのアニメーション映画『美女と野獣』(1991)の舞踏会シーンと、SEGAのアーケードゲーム『バーチャファイター』(1993)です。これほど美しく面白い世界、表現があるのかと夢中になり、学部卒業後、大学院まで進学し「3DCGによる人体表現」をテーマに研究、制作を行いました。

大学院卒業後、凸版印刷では3DCGデザイナーとして、自動車や製品パッケージ、キャラクターを用いたホログラム、後半は劇場映画やVRシアター用コンテンツなど、印刷物となる静止画から動画まで様々な制作業務に携わり、大学時代にも興味をもっていた印刷やグラフィックデザインについて、業務を通してより深く知る機会を得ました。また、1ヶ月半の期間、ポール・デベヴェック氏率いる南カリフォルニア大学のグラフィックラボにて、『The Parthenon』というコンピュータアニメーション制作のプロジェクトに参加したのも良い経験となりました。本プロジェクトの動画はSIGGRAPH 2004のElectronic Theaterで上映されました。

芸術的感性と論理的思考の両立を重視する芸術工学部

芸術工学部は、九州芸術工科大学設立から数えて2018年に50周年を迎えたデザインを専門とする国立では日本唯一の学部です。さらに大学院(芸術工学府、芸術工学研究院)も併設しています。その名のとおり、芸術的感性と論理的思考の両立を重視するユニークな学部で、昨今の文理融合やテクニカルアーティストの育成といった社会のニーズにかなり前から取り組んできました。近年では「デザイン思考」という言葉でもって社会的にも認知されてきた「場やコトのデザイン」も含め、デザインの広い範囲で研究活動を行なっています。一方で、実写、CG、ドローイングを問わず、多くの実験的な映像を制作してきた歴史もあり、映画監督や漫画家、イラストレーターといったアーティストを輩出しています。

本学へ移籍した当時は、特徴のある個性的なアニメーション制作を行う学生に適した研究室が少なかったため、アートアニメーションに関する調査、研究を行いました。2年に1回開催される広島国際アニメーション映画祭への芸術工学部のブース出展をはじめ、フランスで開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭にも足を運び、そこで学生作品が上映されることをひとつの目標としてきました。これまでに『日まわり草』(松田美那子)、『CYCLOID』(黒木智輝)の2作品が、アヌシー国際アニメーション映画祭の学生部門にてスクリーニングを果たしています。

▲広島国際アニメーション映画祭の出展風景


▲『日まわり草』(松田美那子)


▲『CYCLOID』(黒木智輝)

高齢者のリハビリやヘルスケアに取り組むシリアスゲームプロジェクト

本学が位置する福岡市はコンテンツ産業を強力に後押しするユニークな場所です。その背景には50年間クリエイターを輩出している芸術工学部の影響もあります。また、地場のゲーム会社による任意団体GFF(GAME FACTORY'S FRIENDSHIP)があり、2006年には福岡市、GFF、九州大学による福岡ゲーム産業振興機構が設立されています。本機構ではゲームインターンシップやGFFアワード(ゲームコンテスト)を通したゲーム文化の普及啓発と人材育成を継続的に実施しています。

このような背景の中、2009年に福岡市からの委託研究事業として九州大学シリアスゲームプロジェクトを開始しました。シリアスゲームとは社会問題の解決を目的としたゲームであり、教育や訓練、医療、健康など様々な分野で取り入れられています。本プロジェクトでは、分野をリハビリやヘルスケア、ターゲットを高齢者に絞り、地場の病院や介護施設、CGプロダクションと連携しながら研究、制作を行なっています。またCGやゲーム制作に興味のある学部生や大学院生がスタッフとして本プロジェクトに参加することも多く、その中には修士研究へとつながった例もあります。よって2009年以降の主な研究テーマはシリアスゲームデザインとなり、制作したゲームや研究成果は国内外の学会やイベントで発表してきました。

民間企業から販売された『リハビリウム起立くん』をはじめ、本プロジェクトの活動はTVや雑誌、Webなどの多くのメディアで紹介されています。また、オランダのNHLレーワルデン応用科学大学との共同プロジェクトHasega(Healthy Ageing through Serious Gaming)などの国際連携も積極的に行なってきました。これらの活動をまとめた論文『高齢者を対象としたリハビリ・ヘルスケア用シリアスゲームデザインおよび制作プロセスに関する研究』により、2019年3月に博士号(芸術工学)を取得しました。

▲シリアスゲームプロジェクトでの研究、制作を経て民間企業から販売された『リハビリウム起立くん』のパッケージ


2011年以降の本プロジェクトでは、ゲーム制作に留まらず、ゲームを用いた高齢者の健康を促す場づくりとして、ロコモ運動サークルを2週間に1回のペースで継続的に開催しています。また、本プロジェクトの活動を知った近隣中学校の特別支援学級の先生から、ゲームを発達障がい児の運動に使いたいという要望があり、ゲームを用いた自立活動支援を特別授業として2016年から実施しています。これらの学外でのフィールドワークには学生も研究の一環として参加しており、課題発見や様々な気づきの機会として、また完成したゲームを試遊してもらいフィードバックを得る検証の場として活用しています。


次ページ:
社会では実行しづらい新規性のある研究、制作を心がける