>   >  いまどきCG業界のワーク&ファミリー:第4回:コミュニティの力が働き方を変える(後篇)
第4回:コミュニティの力が働き方を変える(後篇)

第4回:コミュニティの力が働き方を変える(後篇)

こんにちは。アニメーションアーティストの南家 真紀子です。第4回 前篇では、セガの鈴木こずえさん(CGデザイナー)に、以下の3つのトピックについて伺いました。

トピック1:【悩み】「夫婦どちらかが早く帰る」「先輩がいない」
トピック2:【行動】「産休育休ロードマップ」「働き方タスクフォース」
トピック3:【変化】「時短勤務にもフレックスタイム制を適用」「在宅でのリモートワーク」

前篇に引き続き、後篇では以下の3つのトピックについて伺います。

トピック4:【共有】「コミュニティの広がり」
トピック5:マインドマップトーク「家の話」
トピック6:子供に勧めたい作品

※本記事は、取材時(2021年2月)に伺った情報を基に執筆しています。

TEXT_南家 真紀子 / Makiko Nanke(makiko-nanke.mystrikingly.com
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)



▲【左】鈴木こずえさん/【右】南家 真紀子(ZOOMにて取材に応じていただきました)

トピック4:【共有】「コミュニティの広がり」

南家 真紀子(以下、南家):トピック3の【変化】に続き、ここからは、コミュニティの詳細や活動の広がりについて、【共有】をテーマにお聞きします。まず、グループ各社の【共有】の場であるワーキングペアレンツコミュニティはどんな存在ですか?

鈴木こずえさん(以下、鈴木):Teamsのコミュニティ内で意見を出し合うと、ひとりで悩んでいたときには想定していなかった解決策が見えてきます。また、意見をロジカルにまとめることで、悩みが「見える化」され、会社に伝えやすくなります。ひとり、ひとりが単独で行動するのではなく、同じ境遇の人々が集まるコミュニティの一員になることで、会社の中で安心して働けるようになったり、意見を伝えるチャンスが生まれたりするんです。

そもそも、私個人は特に大きなアクションを起こしたわけではないんです。コミュニティ内の小さなアクションの積み重ねが、会社の制度に影響を与えるほどの大きな力に成長したんです。様々な悩みや課題を解決してきたのは、コミュニティの力なんです。

南家:コミュニティでは、どのような悩みや課題が共有されていますか?

鈴木:子育て用品・おもちゃ・子供服などの「リサイクル「あげます!」のお部屋」というスレッドはとても活用されています。「習い事・塾・受験等」というスレッドも、中学受験や高校受験の話題で盛り上がっていますね。コロナ禍が本格化する前にランチ会を開催した際には、子供の中学受験を経験した情報通のワーキングファーザーがアドバイスをしてくれました。

▲セガサミーグループのMicrosoft Teams内にある、ワーキングペアレンツコミュニティの「リサイクル「あげます!」のお部屋」スレッドの様子(プライバシー保護のため、部分的にモザイクをかけてあります)


「保育園・学校・学童・PTA」のスレッドも重要です。例えば「入園前に一時保育に預けると、保育実績ができて入園選考で優位になりますか?」といった突っ込んだ質問や、それに対する回答が満載です。「病気・予防・治療」のスレッドも貴重です。「この症状はアレルギーでしょうか?」「同じ症状の人はいますか?」「良い病院を知りませんか?」などの質問への回答に加え、同じような症状の子供をもつペアレンツからの「こういう治し方もありますよ」といったアドバイスも共有されています。

女性特有の不安な症状も、気軽に相談できます。ワーキングペアレンツコミュニティは「WM/WPコミュニティ(ワーキングペアレンツのコミュニティ)」と「WMコミュニティ(ワークングマザーだけのコミュニティ)」の2種類に分かれていて、WM/WPコミュニティでは話しづらい「婦人科系の病気」や「不妊治療」などの話題は、WMコミュニティで相談できるようになっています。こんな風に「ちょっとした不安を、気軽に相談できる場」って貴重だと思うんですよね。

南家:参加者は実名で登録しているのでしょうか?

鈴木:所属会社のメールアドレスで登録します。誰でもアクセスできるインターネット上の質問箱ではなく、グループ各社の社員限定のコミュニティですから、お互いの素性がわかっており、安心感があります。実名でも質問しやすい場になっていると思います。

南家:グループ各社の社員限定とはいえ、約180人(当時)という規模ですから、質問や意見も多様性がありそうですね。

鈴木:立ち上げ当初は人数が少なく、私と、もう1人の女性社員とで管理していたので、全ての質問に2人で答えていました。人数が増えてくるに従い、自然にやりとりが活発になり、意見の幅も広がり、管理者も楽ができるようになりました。今は私と、もう1人の男性社員の2人で管理していて、やる気あふれるワーキングファーザーで助かっています。保育園児の子供がアレルギーをもっていて、アレルギー情報に詳しいので、とても頼りにされています。最近は、Zoomを使ってワーキングファーザー限定の交流会も開催しています。妻とのパートナーシップなど、ワーキングファーザーだけで話したいトピックがあるそうです。こっそり聞いてみたいですけど(笑)。

南家:今後の展望も教えていただけますか?

鈴木:「リモートワークという選択肢の定着と拡充を働きかけたい」という願いがあります。その実現に向けて、コミュニティ内で意見を取りまとめ、要望として会社に提出したいです。現在のリモートワークはコロナ禍への対策として行われているので、コロナ禍が収束すれば従来の働き方に戻る可能性があります。でも、ワーキングペアレンツが抱える悩みや課題を解決する上でも、リモートワークという選択肢は有効なのです。コロナ禍が収束しても、当たり前にリモートワークが選択できるように働きかけていきたいです。

南家:同業他社との【共有】についてもお聞かせください。トピック2では、社内のネットワーク上で公開していた「産休育休ロードマップ」の評判が同業他社にまで広がり、複数社に共有することになったと伺いました。同業他社との【共有】のきっかけは何だったのでしょうか?

鈴木:CEDECへの登壇ですね。ワーキングペアレンツたちの働き方を共有し、新しい行動につなげるセッションを実施したのをきっかけに、Facebook上に会社の垣根を越えたワーキングペアレンツのグループがつくられ、交流が始まりました。さらにCEDECの登壇者とはSlackチャンネルでもつながっており、今も情報交換を続けています。その交流の一環で、バーベキュー会を開催したりもしました。今は開催を自粛していますが、コロナ禍が収束したら再開したいです。

▲バーベキュー会の様子。複数のゲーム会社のワーキングペアレンツと、その子供が集まり、それぞれの育児事情を楽しくシェアできたそうです


南家:セガサミーグループのワーキングペアレンツコミュニティのような場が、同業他社の中でも生まれていくと良いですね。

鈴木:実際「当社でもコミュニティを立ち上げました!」という嬉しい報告をいただいています。ゲーム業界内のワーキングペアレンツのコミュニケーションの場は、以前よりも拡充しているように感じます。ただ、あるゲーム会社の開発者からは「ワーキングマザーのコミュニティを立ち上げたけど、全然活性化しない」という相談を受けたことがあります。そのときは「マザーだけでは不十分です。ファーザーも入れましょう!」とアドバイスしました。

ゲーム業界は男性の占める割合が圧倒的に高いので、ワーキングマザーだけではできることに限界があります。ワーキングファーザーに入ってもらうと、コミュニティが活性化し、意見の多様性も生まれます。コミュニティを広げるためには、男女に囚われることなく、ペアレンツとして連携することが不可欠だと、経験を通して確信しています。

南家:鈴木さんに「ワーキングペアレンツコミュニティを立ち上げるためのワークショップ」の実施をお願いしたい方々もいそうですね。

鈴木:ご要望があればぜひ! ご自分が所属する会社において、子育てしながら働く環境や制度が整っていない場合は「コミュニティをつくること」をお勧めしたいです。ひとりで抱え込まず、数名でも良いからコミュニティをつくり、情報共有をしてください。環境が整っていない会社では、情報を共有する仕組みがないので、当事者に子育ての制度が伝わっていないケースが多いです。総務や人事の担当者によくよく聞いてみると、「それを使えば楽だったのに!」というような制度の存在が明らかになったりします。まずは社内で情報を共有するしくみをつくり、他社とも共有できるようになっていくと、各社のノウハウが共有され、相乗効果で子育てをしやすい会社が増えていくはずです。

子育てをしやすい会社が増えることは、ゲーム業界全体の発展を後押しすることにもつながると私は考えています。


次ページ:
マインドマップトーク「家の話」