>   >  日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング、カラー デジタル部の中核スタッフが来福
日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング、カラー デジタル部の中核スタッフが来福

日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング、カラー デジタル部の中核スタッフが来福

2016年1月19日(火)にTooの福岡支店がリニューアル、それを記念して同社が継続して実施している「アニメーションワークフローセミナー」の第15弾「日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング - スタジオカラー デジタル部がひもとくCGによるアニメ制作の可能性」が開催された。スタジオカラー デジタル部の中核スタッフが登壇した本セミナーの模様をお届けする。

TEXT & PHOTO_真狩祐志 / Yushi Makari



<1>『DAICON Ⅳ』を21世紀によみがえらせる

Too福岡支店のリニューアルを記念し、2016年1月20日(水)から26日(火)にわたって数々のセミナーやイベントが開催された。21日(木)には スタジオカラー デジタル部から監督の小林浩康氏、アートディレクション・キャラクターデザイナーのコヤマシゲト氏、CGI作画監督の松井祐亮氏、スペシャルエフェクトアニメーターの仲眞良一氏が来福した。

4名が来福したのは「日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』」メイキング講演のため。冒頭、見本市の初期企画段階では『メタルアーマーVSビキニアーマー』というタイトルであったことが監督である小林浩康氏から明かされた。

日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング、カラー デジタル部の中核スタッフが来福

左から小林浩康氏、コヤマシゲト氏

日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング、カラー デジタル部の中核スタッフが来福

左から松井祐亮氏、仲眞良一氏

小林氏は「80年代に『夢幻戦士ヴァリス』というゲームがあったのですが、そのCMの監督を見本市の企画立案者である、庵野(秀明)さんがやっていたんですよ。それでビキニアーマーとかDAICON FILMとか、あの時代のアニメの印象を、僕らが3DCGで引き継ごうという企画だったんです」と話す。
しかし「さすがにまんまやるのは版権的にもNGなので、とどんどんオリジナルテイストが増えていった感じですね」とのこと。作品タイトルも頭文字が「C」と「G」になるように「カセットガール」にしたそうで、「最初は3DCGの様々な会社のアニメーターに声をかけ『今3DCGこんなになってます』という見本市の中の企画だったんです。最終的にはだいぶバカアニメになってしまいましたけどね(笑)」と企画当初のエピソードも明かされた。

日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング、カラー デジタル部の中核スタッフが来福

DAICON仕様(中)とスーツ仕様(右)。左端は、仮でモデリングを始めたものの検討稿。通常であれば、デザインが上がってからモデリングに入っていくのだが、作業期間短縮のためラフが上がった段階でモデリングに入り、モデリングが上がり次第作画で修正し、最終的に決定稿が出るという方法だったという

続いてコヤマシゲト氏は、「そもそも『DAICON IV』はビキニアーマーじゃないですし、ルックスは企画の根本的な意図に沿うべきだと思ったので、泣く泣くビキニを削って(笑)、バニーガール方向に変えました。と同時に、3D上でモデリングを詰めながら、そこにこちらから修正指示を入れていきつつ、細かなディティールなどを固めていって、その後にデザインの決定稿を作る、という順番で作業しました」と語った。

日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング、カラー デジタル部の中核スタッフが来福

ZBrushによるスカルプトで全体的なシルエットやプロポーションが詰められた

また松井氏はどのようにデザインから3DCG作業に入っていったかという過程について「まずZBrushを使って全体のシルエットを掴んで1回確認してもらい、Autodesk 3ds Maxで本作業に入ります。大体この段階では顔とかが似てないんですよ全然」と、80年代っぽくしなければならないのに、前髪のボリュームが全然足りなかったなど、検討段階においてモデルで試行錯誤した様子を話した。

日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング、カラー デジタル部の中核スタッフが来福

最終的なFIXモデル

さらに松井氏は、「モデルを一度完成させたらFIXということではなく、あくまでもレイアウト用としてアニメーターが作業に入ります。体はバランスがいいんですけど、まだ顔とか細かいパーツが似ていません」と解説。
メッシュに関してはさほど特殊ではなく、バランス良く隙間が開いてるのが重要だという。セルアニメ系のキャラクターの顔に関しては、モデリングである程度似せることは可能だが、アングルによって破綻していくので、アニメーターがカットごとに顔を変えているとのこと。
「アニメCGで難しいのは、作画アニメのような"嘘"(誇張)をつけないので、無理やり嘘をつかせるところですかね。それは後ほど説明します」(松井氏)。

日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング、カラー デジタル部の中核スタッフが来福 アンノ・ユーリ隊員(カセットガール変身前)

主人公のアンノ・ユーリに関しては、『ウルトラセブン』に登場するウルトラ警備隊の制服をモチーフにしようとなったそうだが「舞台設定的に、ユーリがカセットガールに変身すると画面の雰囲気も80〜90年代にかけてのOVA的なものに変わる予定でした。そこで、変身する前はデザイン的にも現代的であるべきなので、今っぽいボディーにフィットした、縫い目も極力排除したスーツにしました。裸の人物みたいなデザインって作画だとデッサンのごまかしが効かないため厳しいデザインなんですよね。今回は、CGでどこまで再現できるかっていうのを見たかったという裏テーマが自分の中にあったのですが、デジタル部の皆さん優秀だったのでわりと安心してアイデアを盛り込めました」(コヤマ氏)。
実写と比べると素材感の表現ができず、いかに平面的なデザインにするかがキモになってくる。「故にハイテクなものはアニメとの親和性が高いんです」(コヤマ氏)と語り、画面映えするデザインを目指したとのこと。

  • 日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング、カラー デジタル部の中核スタッフが来福
  • 日本アニメ(ーター)見本市 第35話『カセットガール』メイキング、カラー デジタル部の中核スタッフが来福

メカモデル制作の工程にも触れた。「サンドロですがボックスと円柱で1回バランスを取りました。ラフなんですけどサイズはこんなもんかなと。これに対してモデラーさんに頑張ってもらうと」(松井氏)

▶次ページ:
<2>カラー流のアニメCG技法とは

特集