>   >  新しい試みによるオリジナルTVアニメシリーズ『ブブキ・ブランキ』の3DCG(サンジゲン)
新しい試みによるオリジナルTVアニメシリーズ『ブブキ・ブランキ』の3DCG(サンジゲン)

新しい試みによるオリジナルTVアニメシリーズ『ブブキ・ブランキ』の3DCG(サンジゲン)

3DCGによるセル調を武器にアニメ業界を牽引してきたサンジゲン。同社初となるオリジナル作品のTVシリーズとして展開中の本作は、クオリティと効率化を高い次元で両立させるべく、多くの新しい試みがなされている。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 212(2016年4月号)からの転載となります

<関連する記事>
TVアニメ『ブブキ・ブランキ』、若手アーティストによるイチ押しカット解説(サンジゲン)

TEXT_峯沢★琢也 / Takuya★Minezawa、平 将人 / Masato Taira
EDIT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

TVアニメ『ブブキ・ブランキ』
©Quadrangle / BBKBRNK Partners

制作・管理体制を強化して挑むオリジナル作品

『ブブキ・ブランキ』『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』(以下、『アルペジオ』)に続く、サンジゲン制作の3DCGによるTVアニメ作品だ。本作は同社初となるオリジナル作品であり、全ての要素をゼロから構築して膨大な物量をこなすべく、今までの3DCGによるアニメ制作ノウハウを総動員した上で新たな試みにも取り組んでいる。

  • 新しい試みによるオリジナルTVアニメシリーズ『ブブキ・ブランキ』の3DCG(サンジゲン)
  • CGスーパーバイザー
    鈴木大介氏(サンジゲン)

1話、約20分のTVアニメーションのカット数は300カットを超え、キャラクターは『アルペジオ』と比べて2倍程度、加えてロボットが複数体登場するため、アセットの数だけでも今までを大幅に超える量になっているという。アニメーション作業に関しても社内だけでなく外注する必要があり、ワークフローや情報伝達に関しても従来の方法から進化させる必要に迫られた。また、基本的に多くの動画部分が3DCGで作成されるため、手描きのアニメーションではお馴染みのタイムシートはアニメーションの工程では使用せずに、コンテ撮(コンテを繋げたムービー)からセリフを収録というプレスコ方式を採用している。このあたりは、スタンダードなアニメーションと3DCGアニメーションを両方知っている同社ならではのハイブリッドなフローになっている。

さらに本作では、撮影部に渡すデータにRLAを採用。作品中で各キャラクターが特殊能力を使う際、髪や衣服の一部が発光する表現があるため、通常であれば素材ごとの連番データを別々に出力していた工程を、素材ごとのマスクとしてRLA連番の内部に内包させる方式に変更することで、データのやりとりの簡素化にも成功している。制作管理面でも各セクションごとの全体の要素を示す香盤の確認や素材の発注、作業ステータスの確認、チェックに対するフィードバックと連絡手段としてデータベースを基盤とした制作管理システムを社内で独自開発しており、本作から本格的に運用を始めている。

新しい試みによるオリジナルTVアニメシリーズ『ブブキ・ブランキ』の3DCG(サンジゲン)

© Quadrangle / BBKBRNK Partners

BOOST 01
サンジゲン流ワークフロー

サンジゲンでは3DCGがワークフローに入ってくるのは絵コンテ後からで、出来上がったらすぐに打ち合わせに入る。これはそのほとんどの作業が最初から3DCGで行われるためであり、どこを3DCGにするか決める必要がないからだ。打ち合わせ時に各話数のアニメーションディレクターが工数の割り出しとスタッフの分担を済ませ、こぼれそうであれば制作に相談して外注に振り分ける。その後、監督を含めた話数演出と制作を交え演出処理打ち後に作打ちを行い、決まり次第アニメーションディレクターを中心にアニメーターとの個別の打ち合わせとなる。そして、レイアウトモデルと引きで全体が見られるカットを基準とし、シーンに必要な素材やキャラを配置したマスターショットモデルを用意してなるべく早くアニメーション作業に入れるように準備する。

レイアウト作業時には、余白の枠を付けるプラグインを作成して使用。表情はアニマティクス時に付けることもあるが、そのほとんどはレイアウト時に決めてしまうという。これはレイアウト後に作業が別スタッフに移行する場合も考慮してのことである。アニマティクスでは芝居が固まるまで、なびき・めり込み処理・色替えは行わないが、表情や口パクは完成まで近づける。タイムシートは使用しておらずアニメーターの作業となり、プレスコ状態で口パクを合わせる。芝居がOKとなったらセルルックに仕上げ、なびき・めり込み処理・色替えを行い、撮影へと渡すことになる。

チェックやモデルの管理に関しては、全体を通して『アルペジオ』と比べてモデルの数もシーンも多いこともあり、後述する自社開発した制作管理ツールを使い、モデルの受け渡しからシーン管理、チェックなど全てがここで管理されている。

3DCGの作業を特別扱いするのではなく通常の作画アニメのように扱うには、監督演出を含めて制作も3DCGのことを知っている必要があるが、アニメ業界の制作はどこも入れ替わりが激しく、同じようなレベルで知識を共有することは難しい。それができるのは今までのノウハウの蓄積によるもので、わかっていてもできるものではない。3DCGと作画混合の場合は作画と絡める特別な工程を踏む必要があり、通常の作画工程で3DCGを扱うということがサンジゲンならではのワークフローと言えるだろう。

ワークフロー図

新しい試みによるオリジナルTVアニメシリーズ『ブブキ・ブランキ』の3DCG(サンジゲン)

※工程を一部簡略化して表記しています

新しい試みによるオリジナルTVアニメシリーズ『ブブキ・ブランキ』の3DCG(サンジゲン)

© Quadrangle / BBKBRNK Partners

次ページ:
BOOST 02 独自開発による制作管理データベース

特集