>   >  11人のアイドルの実在感を衣装とダンスで徹底的に表現〜うたの☆プリンスさまっ♪ 『雪月花』MV/Vol.1 衣装編
11人のアイドルの実在感を衣装とダンスで徹底的に表現〜うたの☆プリンスさまっ♪ 『雪月花』MV/Vol.1 衣装編

11人のアイドルの実在感を衣装とダンスで徹底的に表現〜うたの☆プリンスさまっ♪ 『雪月花』MV/Vol.1 衣装編

男性アイドル作品として根強い人気を誇り、ゲーム、TVアニメ、ライブ、舞台など多方面に展開を続ける『うたの☆プリンスさまっ♪(以下、うた☆プリ)』。シリーズ8周年を記念して制作された楽曲『雪月花』のMVメイキングを、本誌247号に掲載されたものに大幅に追加要素を加え、全4回に渡って紹介する。初回となる今回は、生地の柄、刺繍まで再現した衣装の制作工程を紐解く。

TEXT_大河原浩一 / Kouichi Okawara(ビットプランクス)
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

※本記事は、CGWORLD vol. 247(2019年3月号)に掲載された記事にトピックを追加し、再編集したものです

●関連記事
11人のアイドルの実在感を衣装とダンスで徹底的に表現〜うたの☆プリンスさまっ♪『雪月花』MV
Vol.2 アニメーション編
Vol.3 表情編
Vol.4 カット制作編


「雪月花」MVショートVer.


Information

うたの☆プリンスさまっ♪ Eternal Song CD「雪月花」
Ver.SNOW(左)、Ver.MOON(中央)、Ver.FLOWER(右)
価格:各1,500円+税
リリース:発売中
※本記事で紹介のMVは付属DVDに収録
www.utapri.com/sp/setsugetsuka_cd
© 早乙女学園 Illust.Panda Graphics

世界的デザイナーの衣装で魅せる 11人全員でのオリエンタルなダンス

作中ユニットである総勢11人のアイドルが、デザイナーズブランド「KEITA MARUYAMA」の丸山敬太氏デザインによる繊細な衣装を身に纏って歌い踊る、オリエンタルな雰囲気が印象的な本作。「シリーズ8周年を迎えるにあたり、過去に縁のある方々とコラボしてさらにパワーアップした『うた☆プリ』を見せたい、というのが大本のコンセプトでした」と話すのはシリーズ全体を統括するブロッコリーのエグゼクティブプロデューサー、紺野さやか氏。

そのコンセプトに基づき、MVの制作に白羽の矢が立ったのが、2017年に「うたの☆プリンスさまっ♪ Shining LiveテーマソングCD」用の2本のMVを制作した実績をもつアニマだ。「今回は、11人全員で踊り、なおかつ丸山氏デザインの衣装をアイドルが着て動いている姿を様々な方向から立体的に見せたい、というねらいもありました」(紺野氏)。

写真左から コンポジットスーパーバイザー:三山一男氏、CGディレクター:高久保豊成氏、リードキャラクターモデラー:石井のぞみ氏、フェイシャルアニメーションリード:三浦崇寛氏、アニメーター:樋口美咲氏、Clothシミュレーション:松本 将氏
写真なし プロデューサー:赤城晴康氏(以上、アニマ)、エグゼクティブプロデューサー:紺野さやか氏(ブロッコリー)

そしてMVの制作において特に大きなテーマとなったのは、「衣装の再現」「11人全員でのダンス」「表情」の3つ。「今回は11人で踊るという話をいただいて、まずはモーションキャプチャの手法を検討しつつ、11人が横並びになったときの見せ方などに気を配りつつ進めていきました」とアニマのプロデューサー赤城晴康氏は話す。CGディレクターを務めた高久保豊成氏は、「演出面では、軸となる丸山氏の衣装デザインを際立たせるためにどのようなCG的なアプローチができるのか、ということがひとつのテーマになっています」と続けた。

アイドルコンテンツではキャラクターの実在感が重要な鍵となるが、本作は11人それぞれの衣装の寸法やテイストなどをリアルに設定しそれを徹底して再現することで、ファンが納得する個々の魅力が形づくられている。それでは、次頁から本作のメイキングを詳しく紹介していこう。

二人三脚でつくり上げた"CG映えする"デザイン

では、今回注力点のひとつとなった各アイドルの衣装のモデリングから紹介しよう。「布でできている衣装の動きをしっかりと表現するということをCG側のコンセプトに据えて制作を進めていきました。そのコンセプトを実現するために、前作を経験しているスタッフを中心にアサインし、前作では限定的だったClothシミュレーションの範囲を広げられるように、シミュレーション担当スタッフと共にどれくらいのことができるかをまずは検証していきました」(高久保氏)。


  • 高久保豊成/Housei Takakubo
    CGディレクター

興味深いのは、衣装デザインが完成してからモデリングというながれではなく、丸山氏とアニマの間で様々な検討を重ねながらデザインをつくり上げていった点だ。まず、前作で使用したモデルデータを基にアイドルごとの採寸を行なってその数値を丸山氏に共有、仮の衣装デザインが上がってきた段階でラフモデルを作成し、Clothシミュレーションのテストを実施。その結果を丸山氏にフィードバックし、デザインに反映していったという。ラフモデルの作成に1週間、Clothシミュレーションの検証には3週間程度かけられた。

「丸山氏からラフデザインをいただいて、原作イラストレーター倉花千夏氏のテイストや丸山氏の過去のデザインの傾向と照らし合わせながら制作していきました。モデルデータができたところで、Clothシミュレーションをかけて確認をするのですが、生地の設定によっては中が見えてしまったり、動かして初めてわかる部分もあります。このClothシミュレーションの結果を丸山氏に見てもらい、そのチェックバックを基に制作を進めていきました。一緒につくっている感覚があり、作業の効率、バランスがとても良かったと思います」とリードモデラーの石井のぞみ氏は話す。


  • 石井のぞみ/Nozomi Ishii
    リードキャラクターモデラー

衣装の再現はその構造だけでなく、生地に描かれた柄や刺繍といった細部にまで及んだ。衣装に施された細やかな刺繍は、丸山氏のテイストを汲みながら手描きでテクスチャに落とし込んでいるが、多数のテクスチャを複数人で作成するにあたり、クオリティの差が出ないようにテクスチャのワークフローを共有化するなどの工夫もされた。生地の質感については、アニマのスタッフが丸山氏のアトリエに出向き、衣装の実物を確認しながら調整したという。

「ラフデザインの段階では生地の質感をこちらで想定しながらモデリングするのですが、生地が決まると想定と異なる部分が出てくるので、実物を参照しながらモデルデータやテクスチャを細かく調整しました。丸山氏が実際に制作された衣装とCGモデルとして制作した衣装を並べてみても再現性が高く、特に生地の柄の再現はとても上手くいったと思っています」(石井氏)。

Topic 1. 実際に人が着用することを意識した調整

衣装デザインは、まず前作のキャラクターモデルから各アイドルの体の寸法を割り出し、丸山氏に提供。丸山氏がそのデータを基にラフデザインを起こしていく。ラフデザインを基にラフモデルを制作し、Clothシミュレーションをかけて動いたときの状態を確認しながら、丸山氏とデザイン修正のやりとりを行なっていった。デザインについても服の前が閉まっているとシミュレーションがしにくいといったことや、見映えのする丈の長さなど、CG側からも提案を行いながら、お互いに相談しながらデザインをつくり上げていったという。


衣装のラフデザイン







▲提供された寸法データを基に、丸山敬太氏が起こした衣装のラフデザイン


ラフモデル



  • ▲一十木音也のラフモデル(左)と、シミュレーション後に修正されたラフモデル(右)。上着やボトムスの丈が調整されている



  • ▲神宮寺レンのラフモデル(左)と、シミュレーション後に修正されたラフモデル(右)。刺繍や腰紐の位置、ボトムスの丈が調整されている



▲黒崎蘭丸のラフモデル(左)と、シミュレーション後に修正されたラフモデル(右)。上着とボトムスのシルエットが調整されている



▲来栖 翔のラフモデル(左)と、シミュレーション後に修正されたラフモデル(右)。上着の開閉とスカートの丈が調整されている

次ページ:
Topic 2. 衣装モデル

特集