>   >  11人のアイドルの実在感を衣装とダンスで徹底的に表現〜うたの☆プリンスさまっ♪『雪月花』MV/Vol.3 表情編
11人のアイドルの実在感を衣装とダンスで徹底的に表現〜うたの☆プリンスさまっ♪『雪月花』MV/Vol.3 表情編

11人のアイドルの実在感を衣装とダンスで徹底的に表現〜うたの☆プリンスさまっ♪『雪月花』MV/Vol.3 表情編

男性アイドル作品として根強い人気を誇り、ゲーム、TVアニメ、ライブ、舞台など多方面に展開を続ける『うたの☆プリンスさまっ♪(以下、うた☆プリ)』。シリーズ8周年を記念して制作された楽曲『雪月花』のMVメイキングを、本誌247号に掲載されたものに大幅に追加要素を加え、全4回に渡って紹介する。第3回は、バラード調の曲に合わせた繊細な表情の制作工程を追う。

TEXT_大河原浩一 / Kouichi Okawara(ビットプランクス)
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

※本記事は、CGWORLD vol. 247(2019年3月号)に掲載された記事にトピックを追加し、再編集したものです

●関連記事
11人のアイドルの実在感を衣装とダンスで徹底的に表現〜うたの☆プリンスさまっ♪『雪月花』MV
Vol.1 衣装編
Vol.2 アニメーション編
Vol.4 カット制作編


「雪月花」MVショートVer.


Information

うたの☆プリンスさまっ♪ Eternal Song CD「雪月花」
Ver.SNOW(左)、Ver.MOON(中央)、Ver.FLOWER(右)
価格:各1,500円+税
リリース:発売中
※本記事で紹介のMVは付属DVDに収録
www.utapri.com/sp/setsugetsuka_cd
© 早乙女学園 Illust.Panda Graphics

多彩なモーフターゲットと瞬間の表情で演出する生命感

本作のようなキャラクター性が前面に押し出されたアニメーションの場合、表情のアニメーションは非常に重要なポイントとなってくる。特に今回は『うた☆プリ』としても新たな挑戦と言えるオリエンタルなバラード調の楽曲であるため、基本的には複数のモーフターゲットと補助的な使用を目的としたフェイシャルリグが組まれている。本作では、倉花氏のキャラクターデザインを再現するため、アヒル口のような特殊モーフも作成された。フェイシャルアニメーションの約8割をモーフターゲットを使って制作しており、作業者ごとに差が出ないようにしているという。

写真左から コンポジットスーパーバイザー:三山一男氏、CGディレクター:高久保豊成氏、リードキャラクターモデラー:石井のぞみ氏、フェイシャルアニメーションリード:三浦崇寛氏、アニメーター:樋口美咲氏、Clothシミュレーション:松本 将氏
写真なし プロデューサー:赤城晴康氏(以上、アニマ)、エグゼクティブプロデューサー:紺野さやか氏(ブロッコリー)

フェイシャルアニメーションで注力したポイントは、楽曲のコンセプトやアイドルの設定をしっかりと考えて表情の演技に反映させることだった。1ショットの中で必ず表情に変化が出るように、表情を固定せず、切ない表情演技の中にも一瞬微かな笑みや凜々しい表情を挟んだり、柔らかさを出すために動き終わりのイーズを少し長めに取るなど、生命感とアイドルとしての魅力を併せもつアニメーションになるように心がけられた。

高久保氏によれば、そのようなアイドルごとの設定を上手く動きに反映させるために、なるべくそれぞれのアイドルに詳しいスタッフ、思い入れのあるスタッフをアサインし、高久保氏自身も演出する際には、頻繁に『うた☆プリ』の知識があるスタッフにヒアリングを行い、その意見を積極的に採り入れていったという。その結果、バラード調の曲のコンセプトや歌詞に合わせた切なげな表情や哀しげな演技が多数入れられている。


  • 高久保豊成/Housei Takakubo
    CGディレクター

そして、表情の表現と共に、倉花氏のキャラクターを再現する際に欠かせないのが、髪のシルエット感だ。髪の動きをはじめ、顔にかかる髪のバランスや重量感、スタイリングといった動きに合わせた髪の表現もフェイシャルアニメーションと共に注力されている。アイドルごとに髪の質感を「ツンツン系」「ふわふわ系」「さらさら系」などに分類し、それぞれに動きの指針を決めた上で、各担当スタッフと設定を共有しながら制作が行われた。

Topic 1. 顔モデル

頭部のモデルについては、前作MVのデータを流用している。顔以外のモデルデータは、新しい衣装のデザインに合わせて一部の体のシルエットなどがブラッシュアップされた。

▲寿 嶺二の顔モデル(上)とワイヤーフレーム(下)

▲聖川真斗の顔モデル(上)とワイヤーフレーム(下)


Topic 2. トゥーンの設定

顔の質感も、前作MVとほぼ同様のトゥーン調に設定されている。Pencil+マテリアルは使わず、合成レイヤーでディフューズとシャドウマスクでマスクしたシャドウ、ハイライトを合成して表現。CG影ではなく、シャドウをテクスチャで表現することで、キャラクターデザインに忠実なルックが再現された。なお、輪郭線についてはPencil+ラインを使用している。

▲マテリアル設定画面

▲一十木音也の顔周りのテクスチャ。左からディフューズ、シャドウ、シャドウマスク、ハイライト


Topic 3. フェイシャルリグ



  • ▲左:本作のフェイシャルリグの例/右:リグ数が100を超える数になったため、内製ツールの FaceRigSelectorを使って制御しやすくしている


▲今回モーフの数が多いため、MorphToolという内製ツール上で眉や目、口、その他のパーツに分けて表情を制御している。モーフの数は、左右のバリエーションを含めてアイドル1人あたり57にものぼる

次ページ:
Topic 4. フェイシャルアニメーションの手順

特集