>   >  『攻殻機動隊 SAC_2045』フル3Dとなって再結集された2045年の公安9課 - No.2 - タチコマ篇
『攻殻機動隊 SAC_2045』フル3Dとなって再結集された2045年の公安9課 - No.2 - タチコマ篇

『攻殻機動隊 SAC_2045』フル3Dとなって再結集された2045年の公安9課 - No.2 - タチコマ篇

1989年『ヤングマガジン増刊 海賊版』(講談社)にて士郎正宗が原作漫画を発表して以来、気鋭のクリエイターが映像化し続けてきた『攻殻機動隊』。その最新シリーズとなる『攻殻機動隊 SAC_2045』が2020年4月よりNetflixにて全世界独占配信されている。本作の企画から配信までの経緯と、草薙素子のデザインから、モデリング、リギングまでのながれを紹介した「- No.1 - 草薙素子篇」に続き、「- No.2 - タチコマ篇」では、新・旧タチコマの制作背景と、神山健治監督、荒牧伸志監督による3Dならではの設計・演出を探っていく。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 263(2020年7月号)掲載の「 フル3Dとなって再結集された2045年の公安9課 アニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』」に加筆したものです。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲『攻殻機動隊 SAC_2045』最終予告編 - Netflix


  • ◀左から、ライティング/コンポジットスーパーバイザー・高橋孝弥氏、3Dキャラクタースーパーバイザー・松重宏美氏、荒牧伸志監督、リギングスーパーバイザー・錦織洋介氏、神山健治監督、モデリングスーパーバイザー・田崎真允氏、リギングスーパーバイザー・井上暢三氏

公安9課メンバーと共に、タチコマのデザインも一新

本作では、公安9課メンバーと共に、第1話から登場する3機のタチコマ(以下、新タチコマ)もデザインが一新された。「室内でも公安9課メンバーと一緒に行動できるサイズ感にしたい」という両監督の意向から、小型化が図られたわけだが、それでも身長187cmのバトーが搭乗できるよう検証がなされているのが嬉しい(検証時の画像は本記事2ページ目に掲載)。

なお、タチコマの動きは全て手付けで、24コマ(フルコマ)がベースとなっている。「モーションキャプチャベースの人物とは対照的に、タチコマの動きはアニメーターに遊んでもらったので、両者のメリハリがはっきり出たと思います。そこの加減も、いろいろと試行錯誤しました」(荒牧監督)。

▲第1話から登場する新タチコマのデザイン決定稿


▲新タチコマのチェック用動画


▲同じく第1話から登場する、新タチコマ(重装備版)のデザイン決定稿。脚部にはスモーク・ディスチャージャー(発煙弾発射機)と追加装甲、ボディ下部には大容量ドラムマガジンを装備。公安9課メンバー(主にサイトー)の武器運搬も担っており、ポッド右側にはライフルケース、ポッド左側にはスティンガーミサイルも搭載している


▲新タチコマ(重装備版)のチェック用動画


▲新タチコマの作中ショット。【上】第1話より、【下】第6話より

本作のルックに合わせ、旧タチコマの脚部を改良

▲第7話から登場するタチコマ(以下、旧タチコマ)のモデル。お馴染みのデザインだが、本作用の改良がなされている(詳しくは後述)


▲本作のタチコマはよりフォトリアルなルックになった結果、旧タチコマでは脚部の付け根のめり込みが目立つという問題が発生した


▲同社スタッフ所有のアクションフィギュア『リボルテックヤマグチ No.126 タチコマ』(海洋堂)を観察したところ、脚部の構造が改良されていることがわかった。これを参考にモデルとリグを改良した結果、足の可動域が広がり、めり込みを軽減できた


▲左は旧タチコマの改良前、右は改良後。脚部の付け根の球体を大きくし、各パーツの形状を変更。ボーンを球体の中心より上にずらすことで、青色のパーツがスライドしながら回転する構造にした


▲旧タチコマの作中ショット。第7話より


©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会 | ©Shirow Masamune, Production I.G/KODANSHA/GITS2045

次ページ:
小型化、踏ん張りポーズ、高速走行形態など、新タチコマ "魔改造" のあれこれ

特集