>   >  「高校時代は0点以外、とったことがなかった」 風変わりな父親から多大な影響を受けた秋元純一のアーティスト人生(前編)
「高校時代は0点以外、とったことがなかった」 風変わりな父親から多大な影響を受けた秋元純一のアーティスト人生(前編)

「高校時代は0点以外、とったことがなかった」 風変わりな父親から多大な影響を受けた秋元純一のアーティスト人生(前編)

CGWORLDの連載「Houdini Cook Book」でもお馴染みの、トランジスタ・スタジオ秋元純一氏。先日より新たに動画チュートリアル「Houdini COOKBOOK +ACADEMY」も開講するなど、Houdiniの布教活動に長く携わっている。そんな秋元氏にCGクリエイターとしての原点と、これまでの経歴をふり返ってもらった。濃密な内容のため、2週にわたって公開する。

INTERVIEW_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota


「Houdini COOKBOOK +ACADEMY」公式サイト

<1>漫画もゲームも興味がなく、木工に没頭した少年時代

CGWORLD(以下、CGW):インタビューにあたってご経歴をチェックしまして、改めて、びっくりしたんですけども、1984年生まれなんですね。

秋元純一氏(以下、秋元):そうですね。よく驚かれます。もっと年上だと思っていたって。今年34歳になります。

CGW:CG業界で1984年生まれというと、他にもご活躍されている方が多いですよね。

秋元:多いですね。前に同世代飲みがあって、相当な人数が集まったと聞いています。

CGW:ご出身は福島県なんですよね。

秋元:川内村です。東京電力福島第一原子力発電所の1号機から4号機がある大熊町の、すぐ西側なんですよ。

CGW:震災のときは大変でしたね。

秋元:川内村は一部避難区域だったんですが、実家のあたりは避難準備区域で。わりとすぐに、元の生活に戻りました。

CGW:ご実家はどんな家庭だったんですか?

秋元:兼業農家ですね。親父は東京電力に務めていて、お袋は専業主婦で。僕は3人兄弟の長男で、下に妹が2人います。親父は本社勤務で、普段は東京に単身赴任していました。ただ、震災の日はたまたま青森に出張に行った帰りか何かで、現場にいたようですね。

CGW:子どもの頃はどんなお子さんでしたか? 何をして遊んでいましたか?

秋元:自分で言うのもはばかられますが、わりと特殊な子どもでした。みんながやっていたことに、あんまり興味がなくて。ゲームやマンガにまったく興味をもてなかったんですよね。僕らの世代だとスーパーファミコンが流行っていたんですが。

CGW:まさに『ドラクエ』『FF』の、ど真ん中の世代ですよね?

秋元:周りの友だちがみんな遊んでいるから買ってもらおうかな、くらいの感じで持ってはいましたが、あんまり遊ばなかったですね。マンガも全然読まなかったし。小学校の低学年以降になると、だんだん工作が好きになるんですよ。物をつくったり壊したりというのが好きだったんですよね。

CGW:プラモデルとかは?

秋元:買ってもらったらつくる、という程度でしたね。ガンプラをつくるよりは、木工で遊んでいました。

CGW:それは中学生の頃ですか?

秋元:いや、小学生の頃からやっていたと思いますよ。グラインダーで木を削るのが、すごく好きでした。庭に工房があって、木工加工機材が揃っていました。小さい家なら建てられるんじゃないかというくらいの装備がありましたね。親父のそばで、そういった工具を使って遊ぶのが好きでしたし、強制的に手伝わされていたところもありました。

CGW:そういう環境だったら、確かに他のおもちゃはいらないかもしれないですね。どんなものをつくりましたか?

秋元:親父が半分副業、半分趣味みたいな感じで、アクリル加工をしていたんですよ。それを手伝っていて、小学校高学年のころに3mくらいのL字型水槽をつくりました。それが最大級だったかな。親父はすごく器用な人だったので、何でもつくっていましたね。自動車の整備なんかも自宅でやっていました。車検に出す前にあらかた自分で直して、車検代を最低限に抑えていましたね(笑)。

CGW:今の仕事にも影響を受けていそうですね。

秋元:だいぶ受けていると思います。それに、当時はあまりエンタメ系の玩具を買ってもらえなかったんですよ。そのかわりに、顕微鏡や百科事典はポンと買ってもらえたんですよね。そういう家庭でした。マンガを読むくらいの感覚で、百科事典をずっと読んでいました。

CGW:今でもWikipediaを読んでいて、思わず時間を忘れてしまうとか。

秋元:まさに入眠剤がわりになっていますね。たまたま目についた項目から順にリンクを辿っていくこともあるし、その日に気になった項目を調べてみることもあるし。昔から知識欲だけは人一倍ありました。原因を解明しないと、気が済まない性格だったんですよ。これも親父の影響なんですが。

CGW:似たもの親子だ。

秋元:例えばホームセンターにクルマで買い出しに行くときの会話が、学校や友だちの話じゃなくて「自転車のダイナモみたいなものを自動車のタイヤに付けたら、電気自動車が実現するんじゃないだろうか?」とか。一方で、親父も電力屋だから、発電効率の話をもち出してきて室内灯を点けるくらいならできるんじゃないかとか、本気で答えを返してきてくれて。

CGW:お父さんも楽しかったのかもしれませんね、そういう会話ができることが。

秋元:嫌いじゃなかったと思いますよ。ただ、僕はすぐ物を分解しちゃう癖があって、それについてはいつも怒られていましたね。ネジがあると、とにかくネジ回しで開けちゃうというか......。分解しても元通りに戻せれば良かったんですが、子どもだから戻せない。

CGW:何を分解しましたか? 時計とか?

秋元:扇風機とか、もう少し大きなものでした。最大ではクルマを分解しましたね。祖父の家にお袋が昔乗っていたクルマがあり、「これ壊していいよ」って言われて。いとこと2人で毎週末行って壊していました。

CGW:どの程度まで壊せるものなんですか?

秋元:祖父の家にもひと通り工具が揃っていたので、とりあえずネジというネジを外そうとはしましたね。限界はありましたが、とりあえずラジエータは外しました。中を開けたら古いオイルが出てきて、「うわっ、汚ねえ」といって遊んでいたのを覚えています。

次ページ:
<2>ILMを目指してアメリカ留学を志望するも......

Profileプロフィール

秋元純一/Junichi Akimoto

秋元純一/Junichi Akimoto

株式会社トランジスタ・スタジオ 取締役副社長
2006年に株式会社トランジスタ・スタジオに入社。専門学校時代よりHoudiniを使用し続け、現在CGWORLD.jpにて「Houdini Cook Book」を連載中

スペシャルインタビュー