>   >  『チコちゃんに叱られる!』が体現するCGの新たな可能性〜第4回「CGWORLD AWARDS」大賞記念インタビュー
『チコちゃんに叱られる!』が体現するCGの新たな可能性〜第4回「CGWORLD AWARDS」大賞記念インタビュー

『チコちゃんに叱られる!』が体現するCGの新たな可能性〜第4回「CGWORLD AWARDS」大賞記念インタビュー

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」の決め台詞でおなじみの『チコちゃんに叱られる!』(NHK総合/毎週金曜 午後7時57分/再放送 毎週土曜 午前8時15分)。2018年のレギュラー放送開始から人気が加速し、2019年は本放送と再放送を合わせ、今や約30%の視聴率を誇る国民的番組となった。子どもからシニアまで幅広い人気の番組だが、バラエティ番組における新たなCGの使い方としても2017年のパイロット版放送当初から注目を集めていた。この度、第4回「CGWORLD AWARDS」大賞記念として、同番組でCGプロデューサーを務める林 伸彦氏(NHKアート)と、CGディレクターの中野大亮氏に制作の舞台裏と手応え、今後の展望について聞いた。

※本記事は、2019年4月上旬に実施したインタビュー内容に基づきます。

関連記事:第4回(2018年度)「CGWORLD AWARDS」の大賞ならびに各部門の最優秀賞を発表!

TEXT_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura、西原紀雅 / Norimasa Nishihara(CGWORLD)
PHOTO_弘田充 / Mitsuru Hirota



チコちゃんに叱られる!『生き物セレクション』PV

チコちゃんに叱られる!『生き物セレクション』初回生産限定BOX DVD
2019年6月26日発売!!
詳細ページ▼ https://www.nhk-ep.com/products/detail/h23886A1



<1>「働き方改革」2年目のチコちゃんは制作スピード150%で

CGWORLD(以下、CGW):この度、第4回「CGWORLD AWARDS」大賞を『チコちゃんに叱られる!』のCG・VFX制作をリードされていらっしゃるNHKアートの皆さんにお贈りさせていただきました。番組自体は2018年のレギュラー放送開始以降、瞬く間に人気となり、紅白歌合戦出場・流行語大賞トップテンと、社会現象になりました。当事者としてはどんな1年間だったと実感していますか?



  • 第4回「CGWORLD AWARDS」大賞記念トロフィー。「CGWORLD AWARDS」の中核となるのが「大賞」であり、対象年度において日本のデジタル・コンテンツ制作現場で目覚ましい活躍を遂げられた個人・団体を対象とした人物賞である


NHKアート/林 伸彦CGプロデューサー(以下、林):番組が始まった当初は、毎週遅れることなく届けられるのかを心配していましたが、スタッフのがんばりもあり、安定したクオリティで一度もミスなく届けることができたことに、まずは安心しています。普段はあまり視聴率を意識しないのですが、『チコちゃんに叱られる!』の放送が始まった頃は視聴率がネットニュースになったりしたので、それによって多くの視聴者の方に届いているんだなと感じたりしました。

CGW:人気を実感したのはいつ頃でしょうか?

NHKアート/中野大亮CGディレクター(以下、中野):実感したのは初回放送時(2018年4月13日)ですね。去年の春にNHKの新番組ポスターにチコちゃんが登場しているのですが、その頃はまだそれほど認知が進んでいなかったと思います。2017年にパイロット版をつくって放送したときに、スタッフ間ではレギュラー番組化したら10%を超えると良いねと話をしていたら......。

:初回の金曜の本放送(よる7:57〜)で10%、土曜の朝の再放送(あさ8:15〜)で13%あったんです。その後も高い視聴率を維持しているので、けっこうプレッシャーに感じていたりしてます(笑)

CGW:どういうところが人気の要因だったと思いますか?

:僕としては最初にお話をいただいたときから、チコちゃんはキャラクターとして非常に新しい見え方になるだろうという予感がありました。表情が自由に変わる着ぐるみキャラクターはこれまでなかったと思います。それに番組で取り扱う題材の面白さ、セリフ(声:木村祐一さん)の面白さとかの色々な要素が上手く噛み合った結果だと思います。

CGW:CGWORLD.jpにも転載させていただいたメイキング記事も本放送と再放送の時間帯の度にPVがグッと増えるんですよ。記事公開は昨年の7月だったのですが、現在でも週間人気記事ランキングで上位に入り続けています。

関連記事:TV番組『チコちゃんに叱られる!』メイキング CGと着ぐるみの融合でクルクルと表情を変える5歳児キャラクター

:1年近くも多くの方々に読まれているということは、CGの技術者やアーティスト以外の一般の方も興味をもってくれているということですよね。それも多くの視聴者の方に支持されているひとつの目安だと感じます。

中野:長らく連絡をとっていなかった親戚や昔の友達が Facebookで「観てるよ」というメッセージを送ってきてくれたりしましたね(笑)

:よく行くお店の方も「毎週観てるよ」と言ってくれるので、色々なところに観てくれている人はいるのだなと実感するようになりました。でも、本当に誰でも知っているのかと言うと、そうではなく、親戚から「何それ?」と言われたこともあるので、そこは奢ってはいけないなと(笑)

中野:仮に視聴率が20%だとしても80%の人は観ていないわけですからね。

CGW:制作体制はどのようになっていますか?

中野:今年3月までの放送では、CGを加えるカットが毎週約200カットあり、編集された状態から3週間でCG部分を制作していました。3班中2班はNHKアートのスタッフ、残る1班は外部の協力会社のスタッフで構成されています。これまでの放送分は、前半をヴォクセルさん、後半をCONTORNOさんにお願いしていまいました。4月からはNHKアートとCONTORNOさんの2社で制作を行なっています。

  • 中野 大亮氏(CGディレクター)
    NHKアート

:今年4月放送分からはCGの制作期間が2週間になりました。その分、作業ボリュームを抑える必要がありました。そうした取り組みの一環として始まったのが、「働き方改革コーナー」です。通常ですとスタジオで収録したチコちゃんにCGで表情などを加えていくのですが、このコーナーでは画面左下のワイプにチコちゃんの顔だけが出てくるだけの状態なんです。そのためトラッキングも不要ですしマスクも切らずに済みます。全ての情報をテクスチャに焼き付けることができるので、1フレームのレンダリングが通常ですと1分ほどのところ、このコーナーは1秒ほどになります。コーナーの尺自体は長めなのですが、以前からの念願であった、リアルタイムに近いことが実現しました。

CGW:スタジオの制作スタッフとは普段どのような打ち合わせをされていますか?

中野:制作の人たちは週1〜2回の打ち合わせをしているのですが、僕たちは編集された映像を渡されて自由に表情を付けているので、あまり頻繁にやりとりをしているわけではないんですよ。

CGW:となると、映像のチコちゃんの動きと木村祐一さんの声から判断して表現をするわけですか?

中野:そうです。与えられた映像からどのように面白くするかを考えています。

:ディレクターから「どうしてもこのようにしてほしい」とリクエストが出るのは1割もないくらいですね。

中野:例えば、「ボーっとアイドルをやってんじゃねーよ!」のようなかたちで「ボーっと生きてんじゃねーよ!」のバリエーションが増えていくなかで、チコちゃんが大笑いして涙を流しながら言ったことがありました。そうしたときにはディレクターから、いつもとちがうバージョンでというお願いをされます。基本的な表情に関しては「おまかせ」になっています。

CGW:技術的な課題もありますが、演出・表現面でもアーティスト側が積極的につくれるというのはバラエティ番組では珍しいですね。

:そうですね。ある種、自由にやらせてもらっているという言い方もできると思います。

中野:表情は僕が全てチェックしているのですが、半分演技指導みたいなかたちで、僕がやりたいようにスタッフにつくってもらっています。慣れるまで最初は時間がかかりましたが、最近は直しを出すということもかなり減ってきましたね。

CGW:設備投資などはされていますか?

:レギュラー放送開始以降では、昨年の秋にレンダーサーバを増やしました。

中野:表情のバリエーションは徐々に増やしています。同じものばかりですと飽きてしまいますので。「にらめっこ」のコーナーで新しく作成した表情や仮装が通常パートでも使えそうな場合は積極的に活用するようにしています。

CGW:逆に言えば「にらめっこ」のコーナーは新しい表情をつくる実験場になっているわけですね。

中野:そうですね。あのコーナーは毎回僕がつくっていて大変なのですが、やはり同じことをくり返しても面白くないので自分の中で挑戦の場と位置付けています。CGでは難しかったり手間のかかる表現を10秒の尺で試しています。

次ページ:
<2>チコちゃんが「リアル」な理由は着ぐるみとの相乗効果

Profileプロフィール

『チコちゃんに叱られる!』CG中核スタッフ(NHKアート)

『チコちゃんに叱られる!』CG中核スタッフ(NHKアート)

左から、中野大亮氏(CGディレクター)、林 伸彦氏(CGプロデューサー)
以上、NHKアート

スペシャルインタビュー