>   >  いまどきCG業界のワーク&ファミリー:第2回:プラネッタのファーザー経営者&マザーアーティスト(後篇)
第2回:プラネッタのファーザー経営者&マザーアーティスト(後篇)

第2回:プラネッタのファーザー経営者&マザーアーティスト(後篇)

こんにちは。アニメーションアーティストの南家 真紀子です。第2回 前篇では、「マインドマップ」ワークを通してプラネッタの箱崎秀明さん(代表取締役/プロデューサー) 、中西優衣さん、Tさん(共にアーティスト)の思考を見える化し、ワークを通して引き出された以下の5つのトピックについて伺いました。

トピック1:仕事をどんどん任せたい
トピック2:子供の睡眠時間が短い
トピック3:仕事の時間が限られている
トピック4:自分の適性、自分の年齢、子供の成長
トピック5:経営者から見た、仕事と育児の両立

前篇に引き続き、後篇では以下の3つのトピックについて伺います。

トピック6:働きやすさ、実際どうですか?
トピック7:アレルギー・発熱・謝り疲れ
トピック8:子供に勧めたい作品、与えたいもの

※本記事は、取材時(2019年12月)に伺った情報を基に執筆しています。

TEXT_南家 真紀子 / Makiko Nanke(makiko-nanke.mystrikingly.com
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

▲左から、南家、中西さん、箱崎さん
(Tさんは、ご本人の希望で、本名と顔写真は非掲載とさせていただきます)

トピック6:働きやすさ、実際どうですか?

南家 真紀子(以下、南家):トピック5では、スタッフの誰もが働きやすい雰囲気になるよう、箱崎さんが「新人は、入社1年目は残業NG」「育児にまつわる事情をあえてスタッフにも伝える」「遅刻や早退、休みの連絡を入れる際に『すみません』と書かない」などの取り組みをしていることを伺いました。中西さんやTさんは、働きやすさについて、実際にはどう感じていますか? スタッフとして、ワーキングマザーとしての意見をお聞かせください。

中西優衣さん(以下、中西):とても働きやすいと感じています。一番ありがたいのは、勤務時間を融通していただけることです。私は12月に出産して、産後4ヶ月目にあたる4月に復帰しました。復帰直後は10時〜17時の時短勤務で、定時より2時間早く退社していましたが、すぐに「自分のやりたい業務が思うように回らない」という課題に直面しました。加えて、給与額が時短勤務で3/4になったのですが、子育て中ということもあり、余裕のある状態ではありませんでした。

  • 6月頃、社長の箱崎に「フルタイムに戻りたい」と相談し、定時より2時間早い8時出社、17時退社にすることで、フルタイムと同等の勤務時間を目指しました。社長はそれを許可してくださったんです。おかげで、充分に考える時間を確保できるようになり、焦ることなく、やりたい業務を正常に回せるようになりました。


休みやすい雰囲気があるのも、当社の良いところだと思います。育児にかかわらず、各々の事情に合わせて勤務時間を細かく調整してくださるので、休みやすく、働きやすくもある環境です。

箱崎秀明さん(以下、箱崎):従業員20名未満の規模なので、勤務時間の調整は難しくありません。ただ、産休後に復帰するのは中西が初めてのケースでしたし(※)、納期が迫ってくると、8時前に出社して前倒し残業をすることもあり、大丈夫かなあと注意深く見守っていました。

※Tさんの出産はプラネッタへの入社前。

中西:どうしても仕事が間に合わないときは残業していますが、残業をすると翌日のパフォーマンスが落ちるんです。そのため、残業が必要なときは、なるべく休日前の金曜日にするなどの工夫をしています。

南家:自身の体調や状況と付き合いつつ仕事を調節しないと、体力がもたないですよね。今は妊娠中ですが、仕事はどうなさっていますか?

中西:体調が不安定な時期なので、残業は難しく、朝も遅れがちです。なので社長に逐一相談しつつ、仕事を調整しています。社長の席が近くにあるので、さっと行ってすぐに話ができるし、相談の時間をつくってもらいやすいことも、当社の良いところだと思います。Tをはじめ、ほかのスタッフにも相談しやすい雰囲気なので、例えば子育て関係の申請書類の書き方などはよく相談しています。

箱崎:中西は朝早く来るので、落ち着いて話ができるという利点があります。「昨日休んでたけど、大丈夫?」といった個人的な内容でも、ほかのスタッフがいない時間なら話しやすいです。Tも比較的早く出社するので「昨日こんなことがあったんだよ〜」「それうちもあったあった!」「この病気が流行ってるみたいだから、気をつけてね」など、育児のこともよく話します。

中西:ノロウイルス、手足口病、インフルエンザなど、子供がよく感染する病気や、季節ごとに流行する病気の話題は盛り上がります。「そちらの園ではどうですか?」といった情報共有が本当に大事なんです。子供が病気になって会社を休むときには「皆さんも気をつけてください!」という気遣いのメールを送りあったりもします。

  • 子供の病気って、子供だけでは済まなくて、親も感染してかなりつらい症状が出る場合もありますよね。だから私も気をつけなきゃいけないし、社内での感染も避けたいと思っています。以前、子供と同じ病気を時間差で夫と私も発症してしまい、本当に大変でした。


南家:私もノロウイルスに家族全員が感染して、つらい経験をしたことがあります。自分の意識が朦朧としている中で子供のケアをするわけですから、本当に地獄のようなつらさですよね。社内で子供の病気のことを気軽に相談できるのは素敵な環境だと思います。Tさんはいかがですか?

Tさん(以下、T):私も同意見で、話しやすく、相談しやすいと感じています。相談したことに対してきちんと対応もしていただけるので、ありがたいです。一方で、時間内に終わらなかった作業は、子育てなどの事情を抱えていない若いスタッフにお願いすることになるので、彼らの働きにも本当に感謝しています。私は入社直後から時短勤務をしており、いずれフルタイムで働こうと考えていたのですが、体調を崩してしまいました。それでも、自分の体調や働き方について気軽に相談でき、臨機応変に対応していただける環境だったので、今も時短勤務を続けています。

次ページ:
トピック7:アレルギー・発熱・謝り疲れ

その他の連載