>   >  いまどきCG業界のワーク&ファミリー:第2回:プラネッタのファーザー経営者&マザーアーティスト(前篇)
第2回:プラネッタのファーザー経営者&マザーアーティスト(前篇)

第2回:プラネッタのファーザー経営者&マザーアーティスト(前篇)

こんにちは。アニメーションアーティストの南家 真紀子です。本連載の第1回では読者の皆様から想像以上の反響をいただき、身の引き締まる思いでした。社会的に注目されている課題だからこそ、第2回もがんばって世に送り出したいと思ってはいたのですが......、珍しく&ありがたいことに重要な仕事のオファーが立て続けに入り、さらに新型コロナウイルス(COVID-19)感染症対策のための学校の臨時休業や外出自粛要請が重なり、脱稿が延び延びになってしまいました。

仕事と育児の両立の難しさを噛みしめつつ、状況の改善に励んでいる今日この頃です。そんな中でお届けする第2回に登場いただくのは、プラネッタのワーキングファーザーお1人と、ワーキングマザーお2人です。2019年12月に同社を訪問し、三者三様の課題や経験を伺ってきました。その模様を前後篇に分けてお届けしますので、ぜひお付き合いください。

※本記事は、取材時(2019年12月)に伺った情報を基に執筆しています。

TEXT_南家 真紀子 / Makiko Nanke(makiko-nanke.mystrikingly.com
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

今回ご登場いただく、ワーキングファーザー&ワーキングマザー

  • 箱崎秀明さん
    プラネッタ
    (代表取締役/プロデューサー)


    東京造形大学を卒業後、ハドソンに入社。2007年にフリーランスとしてデザイン業務を開始し、2011年9月にプラネッタを設立。現在9期目で、従業員数は18名。事業内容は、ゲーム用3DCG制作とイラストレーション制作。
    <家族構成>
    妻・子供(2歳5ヶ月男児)、共働き


  • 中西優衣さん
    プラネッタ
    (アーティスト)


    大学時代はゲームを専攻。新卒入社した会社でパチンコ遊技機映像用のキャラクターモデリングに携わった後、結婚などの転機を経て、プラネッタに入社。現在はキャラクターモデリングを担当。1人目出産後、約4ヶ月後に仕事復帰。2020年4月に2人目を出産予定。「つわりは終わりました。楽になりました」とのこと。お疲れさまでした!
    <家族構成>
    夫・子供(2歳0ヶ月男児・妊娠6ヶ月)、共働き


  • Tさん
    プラネッタ
    (アーティスト)


    大学卒業後、一般企業に入社。その後ゲーム会社へ転職し、背景モデリングに従事。現在にいたるまで、一貫して背景を担当。正社員・派遣・プロジェクト契約などを経て、プラネッタに入社。出産後、約10ヶ月後に仕事復帰(ご本人の希望で、本名と顔写真は非掲載とさせていただきます)。
    <家族構成>
    夫・子供(7歳男児/小学校1年)、共働き


※プラネッタについては、以下記事でも紹介しています。
・起業から約10年。CGプロダクション3社の経営者が、これまでと、これからの道のりを語る(前編)(後編)
・どこに行けば、キャラクターをつくれますか? No.09>>プラネッタ(前編)(後編)

「Good & New」ワークで、ポジティブ思考にスイッチ

南家 真紀子(以下、南家):いろいろなお話を伺う前のアイスブレイクとして、2種類のワークにお付き合いください。ひとつめは「Good & New」というワークです。直近の24時間に起きた「良いこと(Good)」と「新しいこと(New)」を、1分の制限時間内に書き出していただきます。これをやると「Good & New」だけにフォーカスするので、ポジティブ思考になれますし、あまり意識していなかった小さくて身近な「Good & New」を発見できます。自分の意識がどこに向いているかを可視化し、客観視することにもつながる、とても面白いワークなんです。

▲左から、Tさん、中西さん、箱崎さん。「Good & New」ワークに挑戦中です


南家:.........さて、皆さんの「Good & New」はどんな内容でしたか?

箱崎秀明さん(以下、箱崎):ちょうど昨日、入院していた父が退院したので、会社を休んで実家に行ってました。だから仕事以外のことを書き出しています。「元気だったなー」とか、「退院できてホッとしたなー」といったことですね。

▲箱崎さんの「Good & New」ワーク。「じいじ元気」「ばあば ほっとした」とのこと。それは良かった!「ゲームできた」というのも「Good」です。真ん中の絵は、箱崎さんとお子さんですね


中西優衣さん(以下、中西):子供のことしか書き出せませんでした(笑)。自分が帰宅してから夫が帰ってくるまでの間に起きた、子供のことばかり。夫の帰宅までが長いので、いろんなことがあるんです。

南家:子供のことが「Good」として出てくるのは良いことですね。

中西:もう可愛くてしょうがないんで(笑)。

▲中西さんの「Good & New」ワーク。こちらは真ん中にお子さんの絵が描かれています


Tさん(以下、T):8割が家のこと、2割が会社のこと、という割合でした。

南家:ワークを通して、自分の中のバランス感も見えてきますよね。

▲Tさんの「Good & New」ワーク。真ん中の絵はご自身でしょうか?「おむかえまにあった」「せんたくほせた」といった子供や家事のことが半分以上を占める一方で、「しごと提出できた」といった会社のことも書かれています

次ページ:
「マインドマップ」ワークで、各々の思考を見える化する

その他の連載