>   >  2Dを超えた"3D視点の制作環境"へ―VR空間でのドローイングの実現を目指すワコムによる「Wacom Creators' Symposium」レポート
2Dを超えた"3D視点の制作環境"へ―VR空間でのドローイングの実現を目指すワコムによる「Wacom Creators' Symposium」レポート

2Dを超えた"3D視点の制作環境"へ―VR空間でのドローイングの実現を目指すワコムによる「Wacom Creators' Symposium」レポート

株式会社ワコム主催の「Wacom Creators' Symposium」が4月24日(火)に秋葉原・UDXギャラリーにて開催された。会場ではVR開発をリードする業界のクリエイターによる講演やパネルディスカッションの他、VR/MR環境での製品デザインやコンテンツ制作を可能にする「実証用試作機(Proof of Concept:PoC)」の展示とデモが行われた。本記事では、午前の部の講演およびパネルディスカッションに焦点を当てレポートする。

TEXT&PHOTO_神山大輝 / Daiki Kamiyama(NINE GATES STUDIO
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

<1>株式会社ワコム代表・井出信孝氏が語る“Wacom Chapter 2”

井出信孝氏(株式会社ワコム 代表取締役)

最初のセッションに登壇したのは、ワコム代表取締役・井出信孝氏。冒頭、井出氏自身が子どもから渡された手紙をもとに「手描き」の想い・感情を伝える力の強さが語られたが、同氏にはこの手描きの素晴らしさに「簡単にシェアができるなどデジタルのもつ力を付加したい」という想いがあるという。

井出氏が社長に就任した今年4月から、「Chapter 2」と題して新たな門出を迎えたワコム。35年間、先端テクノロジーで価値を提供してきた技術企業としての原点をふり返り、「Life-Long Ink」というビジョンを掲げた。アナログの紙とペンは一瞬を切り取ったものだが、デジタルペンとデジタルインク技術によって筆跡にメタデータとして様々な情報を付加すれば「誰が、どこで、いつ、どんな気持ちでこれを書いた/描いたのか」、つまり人間の「文脈と軌跡」を捉えることができると井出氏は説明する。「生まれてからずっと、人間は何かを書き続けています。日記か手紙か、宿題かも知れませんが、何かを紡ぎ続けている。デジタルの力を用いてその文脈まで捉えることができたら、筆跡がその人の人生そのものを表していくことになります」(井出氏)。

空間や時間軸が明らかになれば、人間の感情の変化やムードスイングまで捉えることができる。学校教育においても、生徒が問題を間違えたとき、そこにいたるまでの思考プロセスを筆跡からたどることができれば、より良い指導に活かせるといった言及もあった。もちろんこれまで通り、クリエイティブツールとして最高のハードウェア・ソフトウェアを提供していくことも欠かさない。「クリエイションの瞬間を捉え、そこにいたる文脈を捉えたい。表現のお手伝いだけではなく、なぜ、この表現にいたったのかを可視化して再提示できればと思っています」(井出氏)。無限の可能性をもつデジタルペン、デジタルインクの技術をもって、クリエイターと一緒に走り続けたい。「Life-Long Ink」は、そういった想いから掲げられたビジョンだ。

終わりに、ワコムが夢見る世界として「誰でも、どこでも、いつでも使える“デジタル文具”をつくりたい」と語った井出氏。STAEDTLERと共同開発したデジタル鉛筆の紹介も交えながら、「特に意識することなく、自分のお気に入りのペンを手に取って描けるような世界」の創出を目指す姿勢だ。

次ページ:
<2>VRアイドル「Hop Step Sing!」快適で刺激的なPV体験への試行錯誤 by 講談社VRラボ

特集