>   >  スマホ&PC用ゲーム『N.E.O』の動物メカ表現。解剖学的に正確だとしても意図した印象になるとは限らない
スマホ&PC用ゲーム『N.E.O』の動物メカ表現。解剖学的に正確だとしても意図した印象になるとは限らない

スマホ&PC用ゲーム『N.E.O』の動物メカ表現。解剖学的に正確だとしても意図した印象になるとは限らない

Black Beard Design Studio Inc.(以下、BBDS)が開発・配信するスマホ&PC用ゲーム『N.E.O』。本作では、主人公「アイザック」の相棒であるロボット犬の「チョビ」をはじめ、様々な動物メカが活躍する。その開発の舞台裏を紹介しよう。

<Black Beard Design Studio Inc.の求人情報>
ゲームグラフィックスで日本一を目指す "海賊船"

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 266(2020年10月号)掲載の「第2特集 動物CGから紐解く美術解剖学との付き合い方/解剖学的に正確だとしても意図した印象になるとは限らない」を再編集したものです。

TEXT_Black Beard Design Studio Inc.
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

  • スマホ&PC用ゲーム『N.E.O』
    ジャンル:ハックアンドスラッシュ
    プラットフォーム:iOS/Android/Steam
    価格:無料
    (詳細は各ストアをご覧ください)
    neo.kurohige.jp/index.html


  • Black Beard Design Studio Inc.
    "Stealing your heart " 常にユーザーの心を奪えるような感動をグラフィックスで表現することをテーマに、2010年にゲームグラフィックスに特化したCGプロダクションとして活動を開始。2019年秋には自社パブリッシング1作目である『N.E.O』をリリース。そして2020年は第2作目を誠意開発中!
    www.kurohige.jp

何よりも印象が大事なので「そのままつくらない」ことを意識する

BBDSはゲームグラフィックスに特化したCGプロダクションとして、設立時から一貫して、様々なゲームで使用されるCGを制作してきました。また、モデリングだけに留まらず、コンセプトアート、キャラクターのデザイン・モデリング・アニメーション、背景のデザイン・モデリング、エフェクトにいたるまで、全工程に対応できるデザイナーを社内に抱えており、各々が専門分野に特化しつつ、連携できる開発体制をとっています。そのため、大きなプロジェクトであっても、全工程において、ハイクオリティなゲームグラフィックスを制作することが可能です。

具体的なタイトルは伏せますが、その作品のターゲットユーザーやねらいなどをふまえ、デザイン画を3D化する際の方向性を提案し、その後のモデリングやアニメーションもクライアントと一緒に担っていく仕事も得意としています。『N.E.O』の開発では、その経験がおおいに役立ちました。

▲『N.E.O』トレーラー


チョビのような3Dキャラクターを制作する際には、最初に、美術や造形に精通しているスキルデザイナー、もしくはエキスパートデザイナーが、指針となるモデルをアートディレクターと共に仕上げます。このとき「そのままつくらない」ことを意識しています。デザイン画に似ている・似ていないを判断の指針にするのではなく、「デザイン画の与える印象を再現できているか?」「エンターテインメントとして、魅せられるか?」を大事にしています。

美術解剖学の知識も必要ではありますが、「そのままつくらない」という点は変わりません。解剖学的に正確につくったからといって、意図した印象のグラフィックスになるとは限りません。特にゲームは、キャラクターが動くのはもちろん、視点(カメラ)も動きます。その結果、思わぬアングルから映すことになり、開発者が意図しない印象のグラフィックスになることもあります。そういう場合は、正確ではない造形や動きにしてでも、意図した印象になることを優先します。加えてゲームにはスペックの制限があり、全てを正確に表現することには限界があるので、何よりも印象が大事になるのです。

▲作中ムービー

小型犬のボストン・テリアを大型犬のサイズへとリデザイン

『N.E.O』の世界には、生身の動物が登場しません。メカは人間がつくり出すものであり、生身の動物にはない、特別な冷たさ、切なさ、人間の欲望などが詰まっているような気がします。最終的に、本作の世界やストーリーでは「人間同士の争い」を表現したかったので、実在する動物をメカに落とし込むことにしました。

本作には、様々な動物メカが、倒すべき敵として登場します。そんな中で、チョビは唯一の味方としてユーザーと行動を共にします。そのためユーザーには、チョビに愛着をもってもらう必要がありました。チョビをデザインする際には、様々な犬種の中から「チョビらしさ」を探しました。そして愛着というキーワードに一番当てはまったのがボストン・テリアという小型犬でした。ただし、実寸の小型犬をそのままつくってしまうと、ゲーム上では米粒くらいの大きさになってしまうので、ボストン・テリアの良さを残しつつ、大型犬に近いサイズにリデザインしました。また、ボストン・テリアの豊かな表情にも注目し、人間のような感情表現を、メカならではの方法で再現しました。

ボストン・テリアをベースに様々な近しい犬種をミックス

▲小型犬のボストン・テリア。ブルドッグとイングリッシュ・テリアを起源とする犬種です


▲【左】中型犬のフレンチ・ブルドッグ/【右】大型犬のボクサー。ボストン・テリアをベースに、様々な近しい犬種をミックスし、ベースとなるシルエットを確定。この時点ではあまり「メカ」を意識せず、チョビに期待する「かわいらしさ」「愛嬌」「相棒としての信頼感」を重視しました。ひとくちに犬と言っても細部の造形はまったく異なるので、コンセプトに合う耳、目、口、首、胴体、四肢の形状・長さ・太さを模索し、各パーツを組み合わせながら整えていきました

ブルドッグらしい円形に近い胸郭を再現

▲チョビのコンセプトモデル。本作のキャラクター制作は、岡田恵太氏(Villard・代表)にご協力いただきました。チョビの制作時には、岡田氏にラフなコンセプトモデルをZBrushでつくってもらい、相談しながら完成度を高めていきました。廃材をかき集めたようなデザインにしたかったので、必要以上にデザインが洗練されてしまったり、おとなしくなってしまわないように、あえてデザイン画は描きませんでした。その結果、リアルさや、愛着感が出せたと思います。なお、犬には鎖骨がなく、肩甲骨が筋肉によって胸郭の側面に付き、上腕骨へとつながっています。そこで前肢の付け根には、肩甲骨を彷彿とさせるようなパーツを取り付けました。また、ブルドッグの胸郭は楕円形ではなく円形に近い形状なので、チョビにもこの特徴を反映させています


▲作中では一部のパーツを青く発光させることで、動力感を足しました


次ページ:
フェイシャルに制限がある中で、メカ特有の切なさを表現

特集