>   >  スマホ"インディーズ"にも波及しはじめた3Dビジュアル  Vol.3次々にApp Storeでフィーチャーされる3Dの"知育ゲーム"を生む現場
スマホ"インディーズ"にも波及しはじめた3Dビジュアル  Vol.3<br>次々にApp Storeでフィーチャーされる3Dの"知育ゲーム"を生む現場

スマホ"インディーズ"にも波及しはじめた3Dビジュアル  Vol.3
次々にApp Storeでフィーチャーされる3Dの"知育ゲーム"を生む現場

今回は、雰囲気的に"海外作品?"と感じるような特徴的な知育コンテンツをつくるスモールディベロッパーを紹介する。3Dによるデフォルメされた造形と色彩のセンスが光る『きょうりゅうがかり』、そしてApp StoreでBest of 2015 今年のベストAppを受賞した『おてつだいプリンセス!』といった作品群を見ていくと、技術的には最先端ではないかもしれないが、手触り感もビジュアルづくりにも独特の工夫とセンスを必要とする"知育コンテンツ"の奥深さに触れることができる。

知育・教育コンテンツの
プロフェッショナル

App Storeの"子ども向け"カテゴリでフィーチャーされていたアプリ、『きょうりゅうがかり』を見つけたとき、まず思ったのが「どこの海外ベンダーの新作だろう?」ということだった。3Dを用いつつ、高品質なビジュアルで小さな子ども向けにうまく落とし込めているアプリというのは、星の数ほどリリースされているスマホアプリの世界においても、実はかなり少ない。そして、そのほとんどは知育カテゴリに特化して開発している海外アプリベンダーの作品だ。

そんななか、シンプルでありながら、特徴的にデザインされた造形と鮮やかな色彩センスが目を引くこの『きょうりゅうがかり』は、調べてみると日本でつくられていた。商用として見てもしっかりとしたつくりと、幼児向けとしては充分なボリュームをもつこのアプリ、実際にプレイした手触り感からしても、明らかにプロの仕事であると感じ取れる。

▲『きょうりゅうがかり』のゲーム画面

▲「きょうりゅうがかり」お腹を空かせた恐竜たちのお世話をしよう!
URL:http://spoke.co.jp/apps/dinosaur

「そう言われると、長年、教育コンテンツという領域で培ってきた感覚がそのまま活きているんだと思いますね。自分たちではあまり実感はないんですけど(笑)」

▲株式会社スポーク 代表取締役 滑川 朋夫氏

そう語るのは、このアプリを開発したスポークの代表を務める滑川朋夫氏。

オリジナルコンテンツを作り始めてまだ間もなくその規模も大きくはないが、こと知育系のデジタルコンテンツ開発というカテゴリにおいては、ほぼ10年来の実績を持つ、プロフェッショナルなディベロッパーだった。

「FLASHや、その前はDirectorとかですね。オーサリングツールを使って、教育向けに提供するCD-ROMなんかのインタラクティブなデジタルコンテンツをつくってきた。完全なエンターテインメント領域とは少し違う世界ですね。だからこうしてメディアに取り上げられたりするのは珍しいことなんですよ(笑)」(滑川氏)

大手通信教育パブリッシャーの教材コンテンツの受託、美術館や博物館などで使われるインタラクティブアニメなど、さまざまな教育関連分野のデジタルコンテンツを、企画やキャラクター開発からまとめて請け負い、上記のような開発環境で手掛けつづけてきたスポーク。しかし徐々に、ユーザーが接触するメディアの変化(スマートフォンシフト)の波にさらされていく。デジタルコンテンツへの接触も、パソコンではなくスマホへ。世の中的なコンテンツアウトプットの中心が"アプリ"というかたちへと置き換わっていくなかで、クライアントの要望も変わっていく。開発環境を刷新するとともに、自分たちの"つくる力"をアピールする必要性を感じたという。

「だったら、技術調査やマーケット調査っていうことでいいから、まずはオリジナルアプリをつくって出してしまえ! と。ユーザー向けに流通させるにも、アプリストアのおかげで自分たちだけで世の中に出すことができ、自社開発なら大きなコストがかかるわけではない。どのみち開発環境を変えるのだから、何かつくりながら覚えるしかない。つくった実績もないまま新しい開発環境で仕事を請けるのもリスキーですしね」

▲株式会社スポーク ディレクター 鹿島 英史氏

『きょうりゅうがかり』でディレクターを務めた鹿島英史氏は、そうして自分たちの得意領域、知育カテゴリにおいて、新しい開発環境のテストをかねたオリジナルコンテンツ開発をスタートさせた、と語る。その移行環境として選ばれたのは、やはりというか、"Unity"だった。





▲Unityで組み上げられたスポークのアプリたち。それぞれ上から『きょうりゅうがかり』のマップ、『だんごむしコロコロ』の箱庭、『おてつだいプリンセス!』のケーキセレクト画面

デザイナーとプログラマーがチームを組んでコンテンツ開発に携わるスポークだが、従来よりFLASHによる開発がメインだったこともあり、そのスキルセットをできるだけ活かして移行できる環境を探し、ネイティブ開発等ではなくUnityというゲームエンジンの採用に舵を切る。

「できるだけ、ワークフローは以前と同じにしたいのですが、2Dアニメーションに関してはなかなか同じように、とはまだいきづらいですね。それまでデザイナーがすべての動きをコントロールしていたのですが、Unityだとプログラマー側でも動きを指定しなければならなかったりとか。Sprite StudioやAnimation Studioを使ってみるなど、まだ模索しています。ですが、3D的なものに関してはモデルの取り回しもアニメも付けやすくて、表現の幅は広がりましたね」(鹿島氏)

▶︎次ページ:
技術的テーマを回収しつつ、作りたいものをとことん作る︎

Profileプロフィール

スポーク/spoke

スポーク/spoke

(左から)鈴木 梨央(デザイナー)、鹿島 英史(ディレクター)、滑川 朋夫(代表取締役)、広瀬 親吾(アートディレクター)

株式会社スポーク

2007年設立。子どもに向けた「教育」と「エンターテイメント」に特化したデジタルコンテンツを手がける。PC・タブレット・スマートフォン向けのアプリ受託開発を中心に、企画・デザイン・プログラミングから、検証・サポートまでを自社体制で一貫して行い、良質な制作物を提供。また、自社でリリースした知育アプリ「おてつだいプリンセス!」は「AppStore Best Of 2015 今年のベストApp」に選出された。

http://spoke.co.jp

スペシャルインタビュー