>   >  圧倒的ブルーオーシャンに漕ぎ出そう! 汎用性も多様性も将来性もピカイチ、ゲームエンジンがもたらす可能性
圧倒的ブルーオーシャンに漕ぎ出そう! 汎用性も多様性も将来性もピカイチ、ゲームエンジンがもたらす可能性

圧倒的ブルーオーシャンに漕ぎ出そう! 汎用性も多様性も将来性もピカイチ、ゲームエンジンがもたらす可能性

[PR]

ゲームだけではなく、xR系を含む映像やビジュアライゼーションなどノンゲームでの活用も急速に広がっているゲームエンジン。ここでは、ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン(以下、UTJ)と、Unity/UE4を映像制作に導入しているブロスにゲームエンジンの現在と未来について聞いた。


  • ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
    unity3d.com/jp


※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 238(2018年6月号)からの転載となります

<1>近年のユーザー数の増加、ノンゲーム分野での活用

Unity
Unityは2016年にライセンス体系を変更し、それまでの買い切り型から月額サブスクリプション型へと移行しました。日本の場合で言うとライセンス数は2016年と2017年を比較して前年比50%以上の堅調な伸びをみせています。もちろん、新規ユーザー数、アクティブユーザー数も順調に推移しています。こうした背景には、全ての機能が無料で利用開始できる点と多くの技術的情報がインターネットで公開・蓄積されている点のほかに、25を超えるプラットフォーム出力をサポートしているマルチな点が挙げられるかと思います。ゲーム以外でのUnity活用も増える一方です。映像制作はもちろん、産業向けビジュアライゼーションでの利用もどんどん増えています。例えば医療分野でもUnityは使われていて、人体モデルをUnityに持ち込んで脳外科手術のVRシミュレータや、解剖学3Dアトラスのスマホ・タブレットアプリが作成されています。

【左】高精細頭部解剖アプリ「iRis」の制作風景/【右】「iRis」を実際の医療現場で使う様子

ブロス
UE4がリリースされた2012年あたりでは、主にコンソール/モバイルゲームの制作に限られていましたが、日本国内でのゲームエンジン利用はすでに増加傾向にありました。海外の事例では、UDK(フリー版のUE3)の登場後、かなり早い段階で建築ビジュアライゼーションに使用されていたと記憶しています。当社では、2015年から企業向けにUE4の研修を行なっており、年々件数は増え続けてます。2015~16年はCG映像関連制作会社からの問い合わせが多く、2017~18年にかけては製造業からの問い合わせが増える、という推移をみせています。ブロスは、設立当初からゲームエンジンをゲーム開発向けツールとしてではなく、主にオフラインレンダラ、ビジュアライゼーションツールとして着目していたため、事例もほとんどがノンゲームでの活用になっています。最近では、VRやARの制作に関するお問い合わせをいただくことも少なくありません。

<2>ゲームエンジンにおける注目のトピックや事例

Unity
VR・AR・MR分野や、最近ブームになっているバーチャルYouTuberでしょうか。また、機械学習分野もアツいです。Unityは機械学習アセット「Machine Learning Agents」というものをベータ公開していますが、今後ゲームエンジンが機械学習を使って実現できることは途方もなく多いと思っています。アーティストはツールの使い方をほとんど知らなくても、どういうスタイル・デザイン・アートを目指すかを機械に学習させることに注力すればよい、という未来になるかもしれません。

「Machine Learning Agents」の詳細はこちら。

ブロス
当社が注目しているゲームエンジンの活用事例です。❶『NHK ニュースチェック11』 水曜日レギュラー「ニュースのヨミ子」公共放送報道番組史上初、リアルタイムCGキャラクターがキャスターを務める/❷『UE4を使う建築写真家 矢内隆広氏』/❸『SEED ProjectPICA PICA』 プロシージャル、自己学習エージェント、リアルタイムレイトレーシングなどホットワードがちりばめられたEAのR&D部門による注目のプロジェクト/❹『Star Wars:Reflections』 GDC 2018で発表されたILMxLabのDXR/RTX(リアルタイム・レイトレーシング)デモ/❺『猿の惑星:聖戦記』 劇場用映画のプリビズ全カットをUE4で制作/❻『Twinmotion』 UE4カスタム版建築ビジュアライゼーションツール。今まで自社開発ツールとして発売していたが、2017年UE4ベースにシフト。割り切った機能、わかりやすいUI、導入しやすい価格など評価に値する/❼ The Mill『The Human Race』 カーコンフィギュレータとプロモーションショートフィルムをUE4で連携している/❽『Siren』 GDC2018で発表されたEpic Gamesによる次世代デジタルヒューマン。

<3>ゲームエンジンを扱える人材の需要動向

Unity
どこの企業・スタジオも、アーティスト・プログラマー問わず優秀な人材を求めています。もちろん、Unityを使える人材も然りです。しかし「使える」という言葉が指す内容、つまりスキルセットはかなり広範囲です。そこでUnityでは「Unity認定試験」という認定制度を始めています。これは、Unityに関する知識と技能が一定水準に達していることをわれわれUnityTechnologies社が認定する制度で、試験で合否判定します。日本市場でもこの認定試験制度を普及させ、的確なスキル評価やキャリアパスへの活用など、人材面で求職側・求人側双方にとって有益な制度になるよう努めていきます。

Unity認定試験としてExpertレベルは3コースを展開

ブロス
様々な機能を横断してエンジンのしくみを理解しているアーティストと、広範囲の機能を把握しつつエンジンをカスタマイズするプログラマーは、どこの現場でも不足しているのではないでしょうか。今後コンソールやスマホゲームなどを中心とした国内人材需要は今までのような伸びをみせない可能性はありますが、映像業界やビジュアライゼーション用途においてオンラインレンダラを扱える人材の需要はますます増えていくと予測しています。さらに、製造業、建築業など非エンターテインメント分野でのコンテンツ制作においても、ツールの汎用性が増したことで、今までのように外部の制作会社へ映像制作を委託するのではなく、自社内のデザインチームでまかなう事例が増えるでしょう。

次ページ:
<4>プリレンダーからリアルタイムへの移行

INFORMATION

下記企業は積極的にゲームエンジン経験者を採用している。
ぜひ自分に合った業界、企業を探して欲しい。

プリズムプラス

スペシャルインタビュー記事はこちら!
cgworld.jp/jobs/30336.html

BIRDMAN

スペシャルインタビュー記事はこちら!
cgworld.jp/jobs/30166.html



*Artz(グローバルテクノロジーデザイン)
cgworld.jp/jobs/30338.html

アイレムソフトウェアエンジニアリング
cgworld.jp/jobs/30170.html

アカツキ
cgworld.jp/jobs/30476.html

アグニ・フレア
cgworld.jp/jobs/30162.html

オムニバス・ジャパン
cgworld.jp/jobs/10026.html

キャラバンズ
cgworld.jp/jobs/30387.html

Craft Egg
cgworld.jp/jobs/30471.html

Gatebox
cgworld.jp/jobs/30472.html

コマデン
cgworld.jp/jobs/30052.html

Cygames
cgworld.jp/jobs/30122.html

CGチェンジャー
cgworld.jp/jobs/30453.html

白組
cgworld.jp/jobs/10048.html

チームラボ
cgworld.jp/jobs/10062.html

トイロジック
cgworld.jp/jobs/21117.html

東映デジタルセンター ツークン研究所
cgworld.jp/jobs/21107.html

日本デザインセンター
cgworld.jp/jobs/21069.html

ハシラス
cgworld.jp/jobs/30465.html

Black Beard Design Studio
cgworld.jp/jobs/30060.html

Volca
cgworld.jp/jobs/30479.html

スペシャルインタビュー