>   >  Virtual Experiences in Reality:第2回:「Canon EXPO 2015 Tokyo」
第2回:「Canon EXPO 2015 Tokyo」

第2回:「Canon EXPO 2015 Tokyo」

ロゴスコープでリサーチャーとして活躍するジャナック・ビマーニ氏が、ヴァーチャル(バーチャル)・リアリティ(VR)について様々な視点からアプローチする連載「Virtual Experiences in Reality」。
第2回目となる今回は、昨年11月に東京国際フォーラムで開催された「Canon EXPO 2015 Tokyo」を紹介する。

<1>「Canon EXPO 2015 Tokyo」とは

キヤノンが、5年毎に開催している展示会「Canon EXPO」。2015年は、パリ、ニューヨーク、そして東京で開催された(2016年には上海で開催予定)。キヤノンにとって、この展示会は同社のこれまでの業績を示す場であるだけでなく、同社が現在どのような課題に取り組んでいるのかを発信するとともに、それに対する消費者の関心を確認する場ともなっている。消費者(プロ、アマチュアまたはその中間にある人たち)はこの展示を、見て、触って、感じることで、キヤノンの次世代のイメージを知ることができるのだ。R&D(Research and development)のフォーラムとPRイベントとが一体となった製品見本市である「Canon EXPO 2015 Tokyo」は、自国での開催ともあって、質・量ともに非常にレベルの高いショーとなった。
では次項から、本連載のテーマであるリアリティに関する視点から興味深かった展示について、紹介していこう。

<2>高品質プリントの技術展示 -その場にいるような臨場感-

会場に入ると、暗闇の中にある大窓から飛行場が見える――これは、同社のカメラで撮影した写真をインクジェットプリンターで出力した大型印刷物の展示だ。窓に近づいて鑑賞すると、スケール感やプリントが反射する光の眩しさによって、まるでそこに本物の飛行場があるかのような錯覚に陥った。屋外晴天の飛行場の絶対輝度は、もちろんここでは再現されていない。しかし、推奨鑑賞距離から見た時のパースペクティブの一致や、高いコントラストの印刷技術、フラットな照明技術、そしてリアルな窓のインターフェイスを通すことで、部分的にリアリティを感じることができる。窓というフレームを利用して、その場にいるかのような臨場感(Sense of'Being there')を体験することができるのだ。


窓枠越しに設置された飛行場の大型プリント

さらにもうひとつ、ビル群を見下ろす構図の大型プリントを使った、同様の展示もあった。こちらは鑑賞者がうつむき姿勢を強いられることで、強いパースペクティブを持った画像に吸い込まれるような体験をすることができる。


うつむき姿勢で鑑賞するビル群のプリント

<3>超高精細画像 -まるでそこにいるかのような存在感-

「Canon EXPO 2015 Tokyo」のハイライトのひとつとして、開発中でまだ世に出ていない驚くべき技術を見ることができるという点がある。とくに1.2億画素の一眼レフカメラの展示には、同社の技術開発の成果がもっともよく現れていた。一見するとこのカメラのボディはキヤノンのEOSシリーズのようだが、その中身の高解像度センサーは、現在、販売されているキヤノンの製品とも他のメーカーのいかなる製品ともかけ離れた性能を持つ。この1.2億画素カメラには標準的なキヤノンの24-70mmレンズが採用されており、今後、市場での流通のしやすさを示唆している。

このカメラシステムの性能をデモンストレーションするために用意された印象的な展示が、少女のポートレートであった。このデモでは1.2億画素のポートレートをモニタに表示し任意の場所を拡大して見ることができ、カメラが捉えた顕微鏡レベルの明瞭さがはっきりとわかる。まつげやそばかすは簡単に認識でき、さらに毛穴までも確認することができるのだ。また、壁にはこのポートレートの超高精細プリント(これもまたキヤノンのイノベーション技術のひとつ)にスポットライトを当てて展示しており、プリントの上には「まるでそこにいるかのような存在感」というキャッチコピーが印字されていた。このシンプルかつ強力な高精細技術は、見る者に写真のリアリティの向上をはっきりと感じさせるものだった。

はたして写真家は、このような小型のボディに詰め込まれた高精細技術を用いて、どのような撮影や照明を行うのだろうか。またレタッチャーのポストプロセスは今後、どのように変化するのだろうか。仮にこの1.2億画素のカメラシステムによる動画が実現されたならば、このシステムが8Kインディペンデント・フィルムメーキングという新たな世界への大きな道筋となるに違いない。クロップしてもなお非常に詳細で明瞭な画像により、不必要なズームイン・アウトは忘れられ、Canon EOS 5D MarkIIが初期のドキュメンタリストに影響を与えたのと同じように、フィルムメーカーとストーリーテラーに新たな冒険の道を切り開くだろう。今のところキヤノンがこの技術をいつ世に出すのかは分からないが、このように高いメガピクセルを有するイメージがどのように使用され、どのような人によって興味を持たれ見られるかが普及の鍵となるだろう。


1.2億画素カメラで撮影された画像の一部

次ページ:
<4>8K映像収録システム -8Kライドによる移動感-

その他の連載