>   >  IDOLiSH7『Mr.AFFECTiON』MVの舞台裏:第4回:背景美術が紡ぎ出す美しいMVの世界
第4回:背景美術が紡ぎ出す美しいMVの世界

第4回:背景美術が紡ぎ出す美しいMVの世界

本誌『CGWORLD vol.258』の特別企画から始まった大人気アイドルグループIDOLiSH7の新曲『Mr.AFFECTiON』MVの舞台裏に迫る本短期連載(全7回)。折返しとなる第4回は、美術監督の赤木寿子氏に、本MVの世界を構築する背景美術について解説していただいた。職人目線から捉える『Mr.AFFECTiON』の魅力とは? 普段あまり触れることのない、現実の風景以上の美しさで映像に臨場感を与える「背景美術」の世界を深堀りしていこう。

TEXT_野澤 慧 / Satoshi Nozawa
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、
山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

  • IDOLiSH7 ニューシングル『Mr.AFFECTiON』
    好評発売中
    価格:1,200円(税抜)
    www.lantis.jp

  • 『アイドリッシュセブン』
    ジャンル:音楽・AVG(アドベンチャーゲーム)
    発売:バンダイ ナムコオンライン
    価格:無料(一部アイテム課金あり)
    対応OS:iOS・Android
    idolish7.com

アイドルたちを活かす舞台を描き出す「背景美術」

アイドルをどの舞台で踊らせたら、よりアイドルに見えるか――これが本作の背景におけるコンセプトの全てだ。勢いのある豪快な表現だが、実に芯を捉えたものである。気風の良い人柄と鋭く本質を表現する筆遣いはまさに職人。その人物こそ、本作の美術監督を務める赤木氏だ。

  • 美術監督・赤木寿子氏(イラスト)

美術大学在学中、アルバイトとして背景美術を始めたことをきっかけに、その魅力に気づいたという赤木氏。大学卒業後は有名スタジオで背景美術のキャリアを積み、2016年にオレンジへと入社した。美術監督を務めた『宝石の国』(2017)や『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』(2018)をはじめ、いくつもの作品に参加している。「私は子どもの頃から落ち着きがなく、飽き性なので、1枚の絵に長時間かけて描くのがとても苦手でした。一方で、映像作品の背景は、短時間でたくさんの枚数を描かなければなりません。そこが私の性格とちょうど合っていたのだと思います」と赤木氏。

TVシリーズのアニメなどでは、1話あたりおよそ300カットほどあり、カットの数だけ背景美術が必要となる。約3分半の本MVでは、80ほどの背景美術が用いられた。コンセプトアートや美術ボードはもちろん、一部の素材を除き全ての背景をほぼひとりで描くというかなりの作業量をこなしているが、「それが性に合っています!」と言ってのける赤木氏は生まれながらの背景職人なのだろう。

今回のMVはそんな赤木氏が培ってきた技術が存分に発揮されている。なぜなら以前からお伝えしているように、本作は全ての撮影がスタジオで行われているからだ。その上で、楽曲のイメージをふくらませるような豊かな映像をつくるため、様々な技術が用いられているわけだが、中でも赤木氏による背景美術の存在は大きい。何といっても、MVやアニメ、ドラマなど映像作品において、画面を占める割合が最も大きいのが背景なのだ。裏を返せば、どんなにキャストが素晴らしい演技をしても背景が作品や物語にそぐわなければ、全てが台無しになってしまう可能性をはらんでいる。赤木氏いわく「視聴者が背景を気にすることなく、感情移入ができる世界をつくること」が大切だと言う。そのためには当然、絵としての完成度の高さが必要になってくる。

▲「出し惜しみ」をする冒頭のカット。暗めのライティングかつ暗めの背景かつ黒目の衣装という構成の中で、メンバーが映える背景の塩梅には苦労したという

違和感のないハイクオリティな背景を描くためには、まず「文化」を正確に理解することが重要だ。今回のメイン舞台となる古城は、六弥ナギさんの生家のあるノースメイアをイメージしているが、ひと口に北欧風と言っても、作業者の想像だけではリアリティのある背景にならないという。そこで赤木氏は、城の建築様式から取っ手の形状、周囲の環境にいたるまで、北欧に関する資料を念入りに調べ上げた。背景美術の全工程の中で「下調べの時間が最も多いと言っても過言ではない」という。そうしてかけられた大量の時間が、説得力のある美しい背景を描き上げることにつながるのだ。

▲石壁の部屋での1シーン。光のチリとなって消えていく和泉一織さんに駆け寄る七瀬 陸さんというこのシーンの舞台も背景美術で描かれた

そして冒頭の言葉が示すとおり「キャスト(アイドル)が映える」というのも良い背景の条件である。ところが、本作で山本健介監督が目指したのは「ハリウッド映画のような明るさを抑えた世界観」であった。ハリウッド映画では、顔の明るさを落とし逆光にして劇的な印象を与える手法がしばしば用いられているが、日本のアイドルもののMVは基本的に顔を暗く落とすような演出はしない。アイドルファンには順光で表情をはっきりと見せる映像が好まれるからだ。そんな中、今回の山本監督の手法は型破りといも言える。赤木氏は山本監督の演出意図を汲み取りつつも、セオリーであるキャストを際立たせる背景を模索したそうだ。メンバ-の着ている衣装や髪の色に合わせて、激しく動くカメラワークの中でも見えやすい状態にしていく。

▲古城へ続く橋の上のシーン。スタジオ撮影のメンバーに美術で描いた背景を上手く合わせている。フレアなどの撮影処理が加わることで、さらに幻想的な世界となった

例えば連載第3回で紹介したワイシャツ衣装のシーンでは、黒いズボンと被る地面には白く輝く氷面や雪を、白いシャツの後ろには暗く輝く夜空を、といった具合にコントラストを意識したという。画面のバランスを考え、明暗や色味を調整していくのも背景美術の役割なのだ。メンバーに背景を合わせるときもあれば、ときには背景に合わせてもらうときもあるそうで「背景美術だけでなく、色指定や撮影と力を合わせて作品の世界を作り上げていくのです」と赤木氏は語る。そうして考え抜かれた計算の上で、最終的に全体の明るさを絞り、暗くするところは潰して、見せるところは見せるというメリハリのある映像となった。

▲背景美術を描く赤木氏。プラスチックの板の上で色をつくりながら描画していく。写真の背景画は赤木氏オリジナルのもの。アナログで描いた素材は本作でも様々なシーンで活躍している

▲PCとタブレットによる背景作業の様子。アナログでもデジタルでも背景を描くことができるのは赤木氏の強みだ

本作ではメインとなる古城や湖といった舞台のほかにも、牢屋や生け垣など10箇所ほどのシチュエーションが登場するが、そうした舞台の設定を考えるのも赤木氏の役目だった。山本監督とやり取りしつつ、メンバーの心情に合わせた色遣いをしたり、細かな設定を考えたりしている。「山本監督のイメージをどこまで再現できるかは、MVの完成度に関わる大きなポイントのひとつでした。そこにさらにメインスタッフのの意見やアイデアを加えていき、さらに全体の完成度を高めていきました」と制作プロデューサーの半澤優樹氏。

  • 制作プロデューサー・半澤優樹氏

本作は山本監督にとって初めての監督作品であり、セオリーや他のスタッフからのアドバイスを採り入れるべく、役職や立場に囚われず、忌憚のない意見の交換がたびたび行われたそうだ。ときには激しいやり取りをすることもあったが、それもお互いへの信頼があってこそのことである。このMVをより良いものにしたいという強い想いがぶつかり合うことで化学反応が起こっていくのだ。赤木氏は「オレンジは常に挑戦を続けるスタジオで、試行錯誤を繰り返してしていくからこそ、作品の中で思わぬ奇跡が起こるんだと思います。今回のIDOLiSH7さんのMVを通して、少しでも多くの人を笑顔にできていたら本望です」と語る。

▲「この表紙で全て出し切りました!」と赤木氏が語った本誌「CGWORLD vol.258」の表紙グラフィック。IDOLiSH7のメンバーの撮り下ろしに背景美術が上手く世界を構築している。なお、今回は特別に表紙の販促用ポスターをプレゼント。詳細は記事の最後に!

次ページ:
美術監督が解説する『Mr.AFFECTiON』の舞台

その他の連載