>   >  FLAME・山崎伸浩氏が教えるゼネラリスト視点の便利ツール5選
FLAME・山崎伸浩氏が教えるゼネラリスト視点の便利ツール5選

FLAME・山崎伸浩氏が教えるゼネラリスト視点の便利ツール5選

本誌でお馴染みのアーティスト陣にオススメのツールを紹介してもらう本企画。本稿ではCGWORLD vol.199(2015年3月号)まで連載「ICE Garden」を執筆していた(株)フレイムのCGディレクター・山崎伸浩氏がオススメツールを紹介。ゼネラリストらしく、幅広い用途のツールがそろった。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 205(2015年9月号)からの転載となります
関連記事:「ModelingCafe・北田栄二のオススメ! MayaによるUV作業お助けツール4選」「回・小松 泰のオススメ! SOuPほか、テクニカルアーティスト向けツール3選」「トランジスタ・スタジオ 秋元純一のオススメ! 実践編WorldCreatorによる地形作成」

TEXT_山崎伸浩(FLAME) / Nobuhiro Yamazaki(FLAME)
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada



Softimage ICEプラグインからファイル高速転送ソフトまで

当社ではCMや商品VP、ゲームムービー、映画、遊技機案件等幅広い映像制作を行なっています。メインツールはSoftimageでしたが、開発終了を受け、徐々にMayaMotionBuilderに移行しているところです。また近年は海外の映像制作会社と、国をまたいだ作業も行なっています。

  • 山崎伸浩(FLAME)
    2005年3月理系大学物理学科を卒業後、デジタルハリウッドCG映像本科1年制に入学しCGの世界に足を踏み入れる。卒業制作『扉』がSIGGRAPH学生部門最優秀賞をはじめ、数々の賞を受賞。当時担任だった北田能士講師が取締役を務める株式会社フレイムに誘われ、2006年3月に入社、現在にいたる。CMや商品VP、映画やゲーム内ムービー、遊技機など幅広い映像制作に携わり、映像面でのディレクションも務めている。今年2月まで本誌にて「ICE Garden」を連載
    www.flame-design.co.jp

筆者自身は技術的な検証、方向性の決定等にはじまり、アニマティクス・レイアウト作成、モーション修正、クロス、フェイシャル、ライティング、レンダリング、エフェクト、コンポジットまで、CG制作におけるほぼ全ての工程を行なっているいわゆるゼネラリストです。その傍ら、国内・海外含めチーム全体の映像チェック、指示出し等のディレクションも行なっています。

今回は数あるオススメツールの中から、Softimage ICEのプラグインemシリーズ、レンダーファーム管理システムのMuster、高速ファイル転送システムAsperaを紹介します。さらに、有名なツールではありますが、After EffectsのプラグインであるReelSmart Motion BlurTwixtorもおさえておきたいと思います。

ツールの情報は、様々な代理店のWebサイトや、3DCG系の情報サイト、Twitter、知り合いなどから得ることが多く、採用にあたっては、具体的に仕事で使えるか、将来性があるか等を考慮して検討を行なっています。それでは次項から詳しくみていきましょう。

作業環境
●主な使用ソフトウェア
Autodesk Softimage 2015
Adobe After Effects CS6.0
●使用マシン
機種:HP Z420 Workstation
OS:Windows 7 Professional 64bit
CPU:Intel Xeon E5-1620 v2 3.70GHz
メモリ:36GB

次ページ:
emシリーズ(MOOTZOID)

特集