>   >  テーマは超・添削! 「ライブモデリングNOW」第2回審査結果&審査員コメントを一挙紹介
テーマは超・添削! 「ライブモデリングNOW」第2回審査結果&審査員コメントを一挙紹介

テーマは超・添削! 「ライブモデリングNOW」第2回審査結果&審査員コメントを一挙紹介

8/28(金)、29(土)の2日間にかけて、「CG特化」の就職・スキルアップフェス第2弾として開催された『CGWORLD JAM Online』。前回好評を博した人気企画「ライブモデリングNOW」が今回は趣向を変えて実施された。8/29(土)のチャンネル内にて発表されたその結果と審査員の講評をまとめて紹介しよう。


題1『サニー&クラウディ』選考結果

題2『マトリックスの崩壊』選考結果

●関連記事
開催期間中の様子はこちらから
デジタルアーティスト向けオンラインフェス『CGWORLD JAM Online』8/28前夜祭レポート
デジタルアーティスト向けオンラインフェス『CGWORLD JAM Online』8/29レポート
前回の「ライブモデリングNOW」関連記事はこちら
制作時間22時間、応募総数62作品! 「ライブモデリングNOW」白熱の審査結果&審査員コメントを一挙紹介
「ライブモデリングNOW」優勝者が使い勝手を検証、MSIのハイコストパフォーマンスなクリエイター向けノートPCの魅力とは?

コンテスト概要

●スケジュール
8/28(金)17:00~18:00 番組内にてお題を発表
8/29(土)17:30 応募締切
8/29(土)20:30~21:30 スキルアップチャンネルにて結果発表

●参加対象
学生~プロまでどなたでも

●賞品
最優秀賞(1名):MSIよりノートPC「GF65-9SEXR-258JP
優秀賞(4名):ボーンデジタルより定価5,000円以下の書籍

●審査員
今泉隼介さん(株式会社モデリングブロス/代表取締役)
中井 翼さん(MARZA ANIMATION PLANET/クリエイティブディレクター)
岡田恵太さん(Villard/代表取締役、デジタルスカルプター、3Dコンセプトアーティスト)

テーマ紹介

●テーマ

CG初学者作品の「超・添削」

「作りたいものはあるけれど、技術がまだまだ追いつかない!」そんなCG初学者の作品を、元のアイデアやデザインを生かしながらどこまでブラッシュアップできるかを競います。応募対象は2作品。作品ごとに、3名の審査員と作品を提供いただいた学生さん1名に審査・採点いただき、1~3位を決定します。最優秀賞は両作品通じて最高得点の1名を選出します。

●題1 『サニー&クラウディ』(作:國分 陸さん)

■コンセプト
天気をキャラクター化してみたいと思い挑戦しました。表情を作るのに二人の仲の良さを表せるように工夫しました。また、太陽のキャラクターの方を少し光っているように見せられるように頑張りました。

■応募者向けコメント
CGを始めてまだ間もないのですが、まだ自分が出会ったことのないような技術で、自分の作品がどのように生まれ変わるのか見てみたいと思いました。これからの自分の成長のためにも、皆様の持つ、様々ななアイデアや技術を駆使して作品をブラッシュアップしていただきたいと思います。配色や構図など、自由に変更して作ってもらっていただいて構いません!

●題2 『マトリックスの崩壊』(作:堤 祐介さん)

■コンセプト
長方形の物体だけでカッコイイ構図を意識して作成しました。始めは長方形の集合体でビルのような建築物を作ろうと思っていたのですが、作っていくうち少し壊れてる方が良いいかもしれない、だったらもっとたくさん作って壊してみようと思い、制作しました。途中からは建築物でなく長方形で世界が作れないかな?と考え世界が壊れていく様子が表そうと考え、マトリックスの崩壊を作りました。

■応募者向けコメント
作品に応募して、まさか自分の作品がコンテストのお題になるとは考えていなかったので非常に驚いております。自分はまだCGを始めて間もないのですが、皆様の手で自分の作品がどうブラッシュされるのかとても興味があります。配色や構図の変更、キャラの追加などウェルカムです。

●採点者・持ち点について
・審査員:3名 (両題に対して、それぞれ持ち点20点ずつ)
・作品提供者:2名 (自分のお題に対して、持ち点10点)

●審査基準
・アイデア点:元のコンセプト・デザインを生かしながら、どれだけ新しい表現に挑戦しているか
・技術点:画や造形としてのすばらしさ

次ページ:
題1『サニー&クラウディ』選考結果

特集