>   >  『コードギアス 復活のルルーシュ』作画とCGが混ざり合う、妥協なきナイトメアフレーム表現 No.2 ゲド・バッカ 編
『コードギアス 復活のルルーシュ』作画とCGが混ざり合う、妥協なきナイトメアフレーム表現 No.2 ゲド・バッカ 編

『コードギアス 復活のルルーシュ』作画とCGが混ざり合う、妥協なきナイトメアフレーム表現 No.2 ゲド・バッカ 編

2月9日(土)より全国劇場にて上映開始となった『コードギアス 復活のルルーシュ』。ナイトメアフレーム(Knight Mare Frame/以下、KMF)と呼ばれるロボットによる戦闘は本シリーズの見どころのひとつで、シリーズ最新作である『コードギアス 復活のルルーシュ』のKMFは、中田栄治氏(KMFデザイン/総作画監督)や中谷誠一氏(総作画監督)をはじめとするアニメーターによる作画と、サンライズD.I.D.スタジオ(以下、D.I.D.スタジオ)によるCGを混ぜ合わせた表現が試みられた。本記事では、D.I.D.スタジオへの取材を通して、本作に携わったCGスタッフの仕事を以下の全3回に分けてお伝えする。

No.1 ランスロットsiN 編
No.2 ゲド・バッカ 編
No.3 月虹影 編

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲大ヒット上映中PV(90秒)


▲左から、中尾慎一郎氏(CG制作デスク)、熊野祐介氏(3DCGアニメーションチーフ)、井上喜一郎氏(CGプロデューサー)、長嶋晋平氏(3DCGチーフ)

登場カットが最も多い、四足歩行の量産型機動兵器

ゲド・バッカは本作から新たに登場したジルクスタン王国が使用する量産型の機動兵器で、シンプルに言うと『ガンダム』シリーズにおけるザクのような存在だ。No.1 ランスロットsiN 編で取り上げた、ランスロットsiNや紅蓮特式のような華やかさはないが、実は登場カットが最も多い機体で、作中には、数多のゲド・バッカが画面を埋め尽くすカットもある。また、枢木スザクや紅月カレンがゲド・バッカを奪取し、ジルクスタン王国のゲド・バッカと戦闘を繰り広げる一幕などもあり、アクションシーンも多い。

ゲド・バッカのCGモデル制作は、長嶋氏がランスロットsiNのCGモデル制作に着手する以前からスタートしていたが、紆余曲折あって担当者が何度か変わり、最終的には長嶋氏が全面改修することになった。「ゲド・バッカの登場カットは100を超えるので、ランスロットsiNと同等、あるいはそれ以上にていねいにつくらなければいけないCGモデルでした。四足歩行のロボットはリグの良し悪しによってアニメーションの難度が大きく変わるため、形状からリグにいたるまで全て見直しました」(長嶋氏)。

ゲド・バッカの設定画

▲【左】中田氏による、ゲド・バッカ(全身)の設定画。左右の肩に可動域の広いキャノン砲、両腕にハーケン、脚部の前後左右4ヶ所に機銃を備えている/【右】待機時には脚部を折り曲げたコンパクトな形状になる


▲【左】ゲド・バッカのハーケンの詳細/【右】脚部の機銃の詳細。CGモデルでは、これらのギミックも再現された

サスペンションやドリフト走行まで単純操作で表現できるリグ

▲初期段階のゲド・バッカを表示した、3ds Maxの作業画面


▲先の画像から、ゲド・バッカの本体を非表示にして、カット制作時に操作する必要のあるリグだけを表示したもの。作中でほぼ使われることのないTポーズでセットアップされており、カット制作で特に重要となる足回りを直感的に動かせない状態だった。こういった四足歩行ロボットでは必須となる、四足のサスペンションによる発進時や停止時のボディの沈み込み、タイヤを横滑りさせながらカーブを曲がるドリフト走行などのアニメーションをつくりづらく、このままではカット制作の難度が高すぎるとの判断から、長嶋氏が全面的に改修することとなった


▲初期段階のゲド・バッカのチェック用ターンテーブル


▲長嶋氏が改修し、以降のカット制作で使用されたゲド・バッカ。メインのボーン構造にはCATを使用。No.1 ランスロットsiN で紹介したランスロットsiNのセットアップと同じく、自在に拡大・縮小・伸縮などの変形が可能なセットアップとなっている


▲先の画像から、ゲド・バッカの本体を非表示にして、カット制作時に操作する必要のあるリグだけを表示したもの。必要最小限のシンプルな構造に留めつつ、アニメーターが思い通りに全身を動かせ、四足の接地も直感的に操作でき、サスペンションによる沈み込み、ドリフト走行なども単純操作で表現できるよう配慮されている


▲サスペンションによる沈み込みを表現中のゲド・バッカ


▲ドリフト走行を表現中のゲド・バッカ


▲ゲド・バッカの四足を操作するためのメインのボーンを選択した状態。「四足歩行ロボットの複雑なアクションを簡単に表現する手段は、わかってしまえば非常に簡単です。ゲド・バッカの四足は多重関節で構成されていますが、実はメインとなるCATのボーンは1足につき1本です。股関節から先端の接地部分までを一直線につなぐ1本のCATボーンが、全てのサスペンションギミックの軸になっています」(長嶋氏)。CATのボーンにはデフォルトで接地ダミー(PlatForm)が存在するため、自動的に先端の接地部分がIKターゲットの役割を果たし、腰を動かすだけでやわらかなサスペンションギミックを表現できるという。なお、ヒザや足首などの関節ギミックの制御は、前述のメインのボーンに追加したボーンで行なっている

©SUNRISE/PROJECT L-GEASS Character Design ©2006-2018 CLAMP・ST

次ページ:
20種類超えの色彩設定への対応

特集