>   >  NEXT FIELD 1:バーチャルファッションモデルimmaは「個の時代」の先駆者なのか?
NEXT FIELD 1:バーチャルファッションモデルimmaは「個の時代」の先駆者なのか?

NEXT FIELD 1:バーチャルファッションモデルimmaは「個の時代」の先駆者なのか?

2019年7月25日、「CGWORLD NEXT FIELD」と題したイベントが秋葉原UDXにて開催された。本イベントでは、ファッション・ロボット・医療・建築・漫画の5業界において、3DCGを活用している先駆者を招き、現在の取り組みと今後の活用の可能性を語ってもらった。告知直後からSNSなどで大きな反響があった本イベントには、会場のキャパシティを超える数の参加申し込みがあり、抽選に当たった約400名の参加者が詰めかけた。

本イベントの終了後、CGWORLD編集部では全登壇者にインタビューを依頼し、イベントで語られた内容をふり返るだけでなく、さらに掘り下げた話も聞いてみた。その模様を、全5回の記事に分けて公開していく。第1回目は、バーチャルファッションモデルimma(イマ)を生み出した、AwwのM氏(代表取締役)、岸本浩一氏(取締役)、ModelingCafeの川島かな恵氏(モデラー)へのインタビューをお届けしたい。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

●関連記事
NEXT FIELD 2:「漫画と3DCGの親和性って、僕は結構高いと思ってるんです」(浅野いにお)
NEXT FIELD 3:愛くるしさ溢れる新生「aibo」〜動きに"物語"と"生命感"を与えるモーションクリエイターたち
NEXT FIELD 4:映画表現で培われたストーリーテリングを採り入れる、新世代の建築ビジュアライゼーションとは? 〜竹中工務店・山口大地の挑戦〜
NEXT FIELD 5:異分野間の連携が革命を起こす〜Mayaを操る脳神経外科医が語る、医療と3DCGの可能性

シンプルな面白さ、直感的なエモさが、immaの吸引力を生む?

CGWORLD(以下、C):「CGWORLD NEXT FIELD」の講演で、岸本さんは「新しい技術を使い、新しい事業を始めるときには、難しく考えがちだと思います。でも、これからの時代は、シンプルに面白いかどうか、心が動くかどうか、直感的なエモさがあるかどうかが、すごく大事だと思います。それがあるかないかで、その後の展開がかなり変わってきます」とおっしゃっていましたね。CGプロダクションの経営者の口から「エモさ」という言葉が出てきたのはインパクトがありました。言われてみれば、immaの顔の造形や表情は、わかりやすい可愛さではなく、一言で形容しがたい趣がありますね。

▲「CGWORLD NEXT FIELD」の講演風景


岸本浩一氏(以下、岸本):やっぱり、ぱっと見で目を引く感じって大事だなと思うんです。川島が最初にモデリングしたimmaと比べると、かなり雰囲気が変わりましたね。当初は、もっとパッチリした目元だったし、輪郭もふっくらとしていて、日本人受けしそうな可愛い印象でした。でも、それだとファッション性に欠けるという指摘をMさんからいただいたし、私も、もっと深みを感じる造形、想像力をかき立てる造形にしないと、人の目を引き付けられないと思いました。

川島かな恵氏(以下、川島):最初のimmaと、Mさんや岸本さんの意見を採り入れた後のimmaを見比べると、後の方が断然可愛いと思います。私がCGになれるんだったら、immaみたいな顔になりたいです。immaは少し前にもMさんの指示でイメージチェンジをしていて、月刊『CGWORLD vol.246』(2019年1月10日発売号)のカバー(表紙)に登場した頃には少し内巻きだったボブが、よりストレートなボブになっているんですよ。

▲【左】月刊『CGWORLD vol.246』(2019年1月10日発売号)のカバーに登場したimma。本号に掲載したimmaのメイキング記事は、CGWORLD.jpにも転載している/【右】本号の発売日に合わせ、2019年1月10日に公開されたimmaのInstagram投稿。衣装はTENDER PERSON


▲【左】2019年7月26日の、immaのInstagram投稿。モード系女性雑誌の『Numéro TOKYO』に登場したことを伝えている。衣装はGucci/【右】2019年8月1日の、immaのInstagram投稿。写真家の宮崎いず美氏とのコラボレーション。衣装はValentino。『CGWORLD vol.246』の登場時と比較すると、よりストレートなボブになり、シャープな印象が際立っている


C:直線的な要素が増えたことで、ビビッドでモダンな服がさらに似合うようになりましたね。この取材の前に、パーソナルカラー診断の専門家(※)にimmaのInstagram を見てもらい、どのシーズンだと思うか意見を伺ってみました。第一声が「えー!この人が実在しないってこと?」だったのは面白かったですね。加えて「パーソナルカラーの観点からすると、ウインターの要素が非常に強いと思います」というコメントをいただきました。生身の人間であっても、人造人間のような人工的な雰囲気をもつ人はウィンターに分類されるそうなので、immaがウィンターなのは理に適っていると思いました。ピンクや赤の髪の色、ボブのヘアスタイルなども、ウィンターしか似合わない特徴のひとつだと伺いました。一方で、日本人はサマーが50%、スプリングとオータムが20%ずつ、ウィンターは10%で、最も少数派なんだそうです。あえて少数派の造形にしたことも、immaのエモさの要因のひとつかもしれませんね。

ビューティ コンサルティング 凜 代表 池上里恵氏

川島:immaをモデリングしたときには特に意識していませんでしたが、言われてみれば、髪はピンクだし、肌は青みがかっているし、そういう要素をもっていそうですね。

M氏(以下、M):そういう分類は、あんまり考えてなかったですね。ただ、最初に上がってきた顔はもっと一般受けしそうな丸顔だったので、それじゃあ面白くないと思って、現在のシャープな顔に変えてもらいました。髪の色も、当初はもっと赤味が強かったんですが、薄くして、もっと薄くしてって、お願いしました。immaの髪は、これ以上薄すぎてもダメだし、濃すぎても何だか違和感があるんです。現在の絶妙な薄さは、アニメの要素を感じられるようにしたいという思いからきています。アニメとファッションの要素を融合した、ハイセンスなビジュアルをつくりたかったんです。この前「渡辺直美のナオミーツ 」というNHK BSプレミアムの番組でimmaが紹介されたとき、「アニメっぽい要素がありますね」とコメントしてくれた方がいて、面白かったですね。それから、今のファッション業界に、この色の有名人がいないという点も決め手になりました。

▲【左】2019年4月29日の、immaのInstagram投稿。ファッション業界誌の『WWD(Women's Wear Daily)JAPAN』のカバーに登場したことを伝えている。衣装はUNDERCOVER。同ブランドが今年発表した、TVアニメ『魔法の天使クリィミーマミ』(1983〜84)のプリントTシャツを着用しているのが面白い。「令和のアイテムを使って、平成や昭和のファッションを感じさせるのが、このスタイリングのテーマだと聞きました。ジャラジャラと重ね付けしたバングルも、昔のテイストを表現しているんだそうです。『immaに着せられませんか?』とWWDの編集長から相談され、『もちろんやります』とお答えしました」(M氏)/【右】2019年6月17日の、immaのInstagram投稿。「撮影あるある半目。疲れ気味なのか、、半目じゃなくても目つき悪い」というコメントが添えられている点も含めて、ユニークで面白い


C:私はレディー・ガガにインスパイアされたのかなと思いました。『VOGUE(USA)』のカバーに初めてレディー・ガガが登場したとき(2011年3月号)、ピンク色のボブのウイッグをつけていたんです。同誌の編集長のアナ・ウィンター氏のトレードマークがボブなので、敬意を表す意図があったようですね。immaは2019年2月のインタビューで、「レディー・ガガの生き方が好きで、いつか会ってみたいと思ってます」とコメントしていますし、レディー・ガガのInstagramやTwitterアカウントをフォローしていますよね。

M:それは完全なる偶然ですね。レディー・ガガは、その当時も現在も、時代を象徴する存在で、強い意思をもっています。だから、immaはレディー・ガガが好きなんです。同時に、江頭2:50も好きなようです。immaはTwitterで、レディー・ガガと江頭2:50のbotを最初にフォローしています。

C:すごい振り幅で、面白いですね(笑)。

M:確かに表現者としての振り幅はありますが、お2人とも自分の芯をもっているという点では共通していると思います。

次ページ:
immaは「モデル」ではなく「普通の女の子」?

Profileプロフィール

Aww/ModelingCafe

Aww/ModelingCafe

左から、川島かな恵氏(ModelingCafe/モデラー)、岸本浩一氏(Aww/取締役)
※M氏(Aww/代表取締役)は写真なし

スペシャルインタビュー

  • 三木陽子/Yoko Miki

    三木陽子/Yoko Miki

    映画『天気の子』特集記念! メインスタッフインタビュー~色彩設計篇~

    映画『君の名は。』(2016)から3年。 今夏、新海 誠監督待望の最新作『天気の子』が公開された。 「新海ワールド」の特徴でもある、美しい色彩で描き出される作品世界は、本作でさらに磨きがかけられている。 そんな観る者すべての心を掴む「新海ワールド」の秘密を暴くべく、メインスタッフへのインタビューを敢行。 全3回に亘って、本作を支えた凄腕クリエイターたちの本音をお届けしていく。 第1回となる今回はは、「色彩設計」にフォーカス。 "色"を組み立てるという作品の根幹に関わる工程だけに、困難も少なくなかったようだが......。 クリエイターにしか語れない、苦悩の舞台裏に迫る。