>   >  どこに行けば、キャラクターをつくれますか?:No.11(後編)>>ジェムドロップ
No.11(後編)>>ジェムドロップ

No.11(後編)>>ジェムドロップ

「キャラクターをつくりたい」という動機から、3DCGやイラストレーションの制作に挑戦し、「これを仕事にしたい」と考えるようになる人は数多くいる。そんな人たちの自己分析と業界研究の足がかりにしてもらうため、本連載では様々なゲーム会社やCGプロダクションを訪問し、キャラクター制作に従事しているアーティストたちの仕事内容やキャリアパスを伺っていく。

第11回では、フリューより2018年10月に発売されたPS4ゲーム『CRYSTAR -クライスタ-』(以下、『クライスタ』)を事例に、キャラクターのデザインから、モデリング、ゲームへの実装までの仕事を紹介。前編のntny氏(@nD_ntny)と林 風肖氏(フリュー)へのインタビューに続き、後編では本作の開発を担当したジェムドロップへの取材の模様をお届けする。

※本記事で紹介する画面は開発中のものです。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲『CRYSTAR -クライスタ-』ティザームービー。「泣いて戦うアクションRPG」という独創的なゲームジャンルを表明する、2018年10月発売のPS4ゲーム。リウイチ氏(@riuichi35)がキャラクターデザイン、ntny氏がキャラクターデザイン&キャラクターモデリングリード、ジェムドロップが開発を担当している
www.cs.furyu.jp/crystar/
©FURYU Corporation. 


▲取材に応じてくれたジェムドロップの皆さん。左から、中西奎吾氏(アーティスト)、釣谷太一氏(アーティスト)、小寺駿介氏(キャラクターモデリングリード)、須田正広氏(アーティスト)、北尾雄一郎氏(代表取締役/スタジオディレクター)、増田幸紀氏(アートディレクター)


3D未経験の新卒も採用し、入社後に勉強してもらう

CGWORLD(以下、C):本作のキャラクターデザインはリウイチさんとntnyさんが担当していますが、エネミーキャラクター、零の愛犬のセレマ、DLC(ダウンロードコンテンツ)の水着(零と千)などのデザインは、ジェムドロップのアーティストが担当しているそうですね。林 風肖さんがインタビューの中で絶賛していました。

北尾雄一郎氏(以下、北尾):実際、その辺のデザインに関しては、ほとんどリテイクがありませんでした。ラスボスや一部のボスはリウイチさんがデザインなさっていますが、それ以外のエネミーの多くは当社のアーティストがデザインしています。モデリングとゲームへの実装に関しては、ntnyさんがつくった零の私服モデルをリファレンスにしつつ、当社が担当しました。

  • 北尾雄一郎
    代表取締役/スタジオディレクター。1996年にゲーム業界へ就職。日本一ソフトウェアにて3年、株式会社トライエースにて14年、ゲーム開発に携わる。『ヴァルキリープロファイル』シリーズ(PS/PS2)や『スターオーシャン3』(PS2)のプログラマーを務める。在籍中にプログラムディレクターやプロデューサーを経験し、2013年にジェムドロップを設立。


増田幸紀氏(以下、増田):より詳細に説明すると、当社がデータを受けとってからはMayaでの作業に移行させつつ、デザインとモデリングは、ここにいる小寺駿介、須田正広、中西奎吾に加え、外部のアーティストさん2〜3名にもヘルプをお願いしています。PS4ゲーム1本のアート作業を約9ヶ月で完了させる必要があったので、当社のキャパシティを超える部分は外部に依頼しました。キャラクターのモーションは、ここにいる釣谷太一を含む当社のアーティスト2名で担当しています。

  • 増田幸紀
    アートディレクター。『CRYSTAR -クライスタ-』では全体のアートディレクションに加え、テクニカルアーティストも兼任。世界観の指針となる最初のコンセプトアート制作、各種データ監修、効率化のための専用ツール制作、カメラ設定などを担当している。1999年にゲーム業界でのキャリアをスタートし、ステージモデリング、プリレンダームービー制作、アートディレクション、テクニカルサポートなどを幅広く経験し、今にいたる。


C:ジェムドロップの従業員の総数と、その中でキャラクター関連の仕事に携わっているアーティストの人数も教えていただけますか?

北尾:従業員の総数は約40名で、キャラクターモデラーは7~8名くらい。モーションは4名で、モーションとエフェクトを兼務しているアーティストが1名です。

C:キャラクターデザイナーは何名ですか?

増田:当社は絵が描ける人が多いので、モデラーがデザインも兼務するケースが多いです。本作の場合だと、小寺がエネミー、須田がセレマ、中西が水着のデザインを担当しています。モデリングもできるアーティストがデザインすることで、3Dの利点を活かしたデザインを提案できるのです。

北尾:当社では、3Dをつくったことがない、あるいは3D経験の浅い新卒を何人も採用してきました。2Dの絵を見せてもらい、2D・3Dの両面での将来性を感じたら採用するようにしています。今いる新卒採用スタッフの約半数は、入社後に3Dを勉強し、できるようになった人たちです。例えば須田は3D未経験でしたし、中西は独学で少し3Dをつくっていましたが、まだまだ仕事で使えるレベルではありませんでした。

C:そういう採用・教育方針だから、デザインとモデリングを兼務できる人が多いわけですね。

小寺駿介氏(以下、小寺):私の場合は、主にエネミーのデザインと、プレイヤーキャラクターの不動寺 小衣や恵羽 千のモデリングを担当しました。さらにキャラクターモデリングリードとして、ほかのメンバーがつくったモデルのチェックや、外部のアーティストさんに発注するときの指示書の制作なども行なっています。

  • 小寺駿介
    キャラクターモデリングリード。『CRYSTAR -クライスタ-』ではキャラクターモデルの監修に加え、エネミーキャラクターのデザインやモデリング、プレイヤーキャラクターのモデリングも担当。大阪アミューズメントメディア専門学校で2年間3D制作を学んだ後、2016年にジェムドロップへ入社。


C:小寺さんがデザインしたエネミーを紹介していただけますか?

小寺:開発期間中、「おばけエネミー」という通称で呼んでいた手足のないエネミーや、「突進系エネミー」という通称の文字通り突進してくるエネミーのデザインを担当しました。林さんには、特に突進系エネミーが好評でした。

▲エネミー(通称:おばけエネミー)のデザイン画。強さのちがう、3つのカラーバリエーションがデザインされている


▲おばけエネミーのターンテーブル

©FURYU Corporation. 

次ページ:
ゲームの世界観を汲んだデザインを提案する

その他の連載