>   >  どこに行けば、キャラクターをつくれますか?:No.13(後編)>>グラフィニカ
No.13(後編)>>グラフィニカ

No.13(後編)>>グラフィニカ

「キャラクターをつくりたい」という動機から、3DCGやイラストレーションの制作に挑戦し、「これを仕事にしたい」と考えるようになる人は数多くいる。そんな人たちの自己分析と業界研究の足がかりにしてもらうため、本連載では様々なゲーム会社やCGプロダクションを訪問し、キャラクター制作に従事しているアーティストたちの仕事内容やキャリアパスを伺っていく。

第13回では、TVアニメシリーズ『SSSS.GRIDMAN』(2018)を事例に、本作の3DCG制作を担当したグラフィニカにおけるモデラーとアニメーターの仕事を全3回に分けて紹介する。前編のモデラーの仕事、中編のアニメーターの仕事(その1)に続き、以降の後編では、近藤菜津美氏が担当した第10回のフルパワーグリッドマンがアンチを殴り飛ばすカットや、第11回のグリッドナイトがグールギラスやデバダダンを倒すカットなど、全3カットにおけるアニメーターの仕事を紐解いていく。さらに同氏の就活時のエピソードと、グラフィニカにおけるアーティストのキャリアパスについても紹介する。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_蟹 由香 / Yuka Kani

多くのエフェクトを盛り込んだ、グリッドマンのポーズカット

CGWORLD(以下、C):本作における近藤さんの仕事の中で、特に印象に残っているものをお聞かせください。

近藤菜津美氏(以下、近藤):第2回、第10回、第11回のカットから、ひとつずつ挙げていきます。第2回はグリッドマンのポーズカット(第2回 19:55あたり)です。本作で最初に担当したカットで、なるべく格好良くしようと思いながらつくりました。

C:グリッドマンが怪獣のデバダダンをグリッドマンキャリバーで両断した後のカットですね。煙や炎のエフェクトと逆光によるライティングが印象的ですが、これらも近藤さんが手がけたのでしょうか?

近藤:そうです。本カットでは多くのエフェクトを盛り込んでおり、アニメーションやカメラワーク以上にエフェクトに時間をかけました。カット頭の煙は3ds Max上でつくっており、中盤以降の背後の黒煙は本作用の汎用素材を組み合わせました。


  • レイアウトのテイク1(1フレーム・1/1)

  • T撮のテイク2(1フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(16フレーム・1/1)

  • T撮のテイク2(16フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(25フレーム・1/1)

  • T撮のテイク2(25フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(37フレーム・1/1)

  • T撮のテイク2(37フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(44フレーム・1/1)

  • T撮のテイク2(44フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(63フレーム・1/1)

  • T撮のテイク2(63フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(74フレーム・1/1)

  • T撮のテイク2(74フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(102フレーム・1/1)

  • T撮のテイク2(102フレーム・1/1)

▲近藤氏が担当した、第2回のカット(第2回 19:55あたり)。【左列】はレイアウトのテイク1、【右列】はT撮のテイク2。グリッドマンのアニメーションは基本的に2コマ打ち、煙や炎のエフェクトはフルコマで制作されている。レイアウトとT撮とでグリッドマンの動きに大きな変化はないが、エフェクトの追加とライティングによってまったくちがう印象の画に仕上がっている


▲レイアウトのテイク1の映像


▲T撮のテイク2の映像

慎重にシルエットを調整した、アンチを殴り飛ばすカット

C:第10回は、フルパワーグリッドマンがアンチを殴り飛ばすカット(第10回 12:27あたり)ですね。全てのアシストウェポンと合体したフルパワーグリッドマンは、ちょっと動くだけでパーツ同士が刺さりそうですが、実際のところは如何ですか?

近藤:パーツ同士のめり込みはかなりあったので、不自然に見えないようフレーム単位でパーツを動かしています。手前のアンチと奥のフルパワーグリッドマンのシルエットも、気を抜くとすぐに重なるので、なるべくかぶらないよう慎重に調整しました。それから彼らはすごく重いという設定なので、動きにタメツメを付けつつ重量感も表現することを目指しました。


  • レイアウトのテイク1(9フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(9フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(17フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(17フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(27フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(27フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(39フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(39フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(51フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(51フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(66フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(66フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(75フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(75フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(81フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(81フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(89フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(89フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(108フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(108フレーム・1/1)

▲近藤氏が担当した、第10回のカット(第10回 12:27あたり)。【左列】はレイアウトのテイク1、【右列】はT撮のテイク1。基本的に2コマ打ちで制作されている。T撮ではカメラが若干右側に移動しており、両者のシルエットがより明確になっている。本カットでは、フルパワーグリッドマンが右手に持ったグリッドマンキャリバーでアンチと3回斬り合った後、キャリバーを放り上げてアンチを右手で殴り飛ばし、左手でキャリバーをキャッチし直すというトリッキーな動きをする。レイアウトとT撮の66フレーム目以降を比較すると、T撮では放り上げたキャリバーのシルエットがより明確になっている点が面白い


▲レイアウトのテイク1の映像


▲T撮のテイク1の映像

©円谷プロ ©2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

次ページ:
ハイスピード撮影を模した
「The 特撮」的なカット

その他の連載