>   >  どこに行けば、キャラクターをつくれますか?:No.13(中編)>>グラフィニカ
No.13(中編)>>グラフィニカ

No.13(中編)>>グラフィニカ

「キャラクターをつくりたい」という動機から、3DCGやイラストレーションの制作に挑戦し、「これを仕事にしたい」と考えるようになる人は数多くいる。そんな人たちの自己分析と業界研究の足がかりにしてもらうため、本連載では様々なゲーム会社やCGプロダクションを訪問し、キャラクター制作に従事しているアーティストたちの仕事内容やキャリアパスを伺っていく。

第13回では、TVアニメシリーズ『SSSS.GRIDMAN』(2018)を事例に、本作の3DCG制作を担当したグラフィニカにおけるモデラーとアニメーターの仕事を全3回に分けて紹介する。前編のモデラーの仕事に続き、以降の中編では、長濵夏海氏が担当した第1回のグリッドマンのキックや、及川恭平氏が担当した第7回の板野サーカスのカットなど、全5カットにおけるアニメーターの仕事と、両氏の学生時代や就活時のエピソードを紐解いていく。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_蟹 由香 / Yuka Kani

「もっと格好悪く」というリテイクが出たグリッドマンのキック

CGWORLD(以下、C):大島さん、田口さんに続き、本作における長濵さんの仕事の中からも、特に印象に残っているハイライトをお聞かせください。

長濵夏海氏(以下、長濵):第1回、第3回、第10回から、お気に入りのカットをひとつずつ挙げていきます。第1回は、グリッドマンのキック(第1回 20:33あたり)です。

C:グリッドマンの手刀によってグールギラスの首が切断された後のカットですね。一連のシーンでは、切断面の表現まで『電光超人グリッドマン』の特撮に忠実なのが良いですね。

長濵:動きに関しても、特撮らしさが求められました。本カットのレイアウトのテイク1では、もっとタメツメのきいたキレのある動きを付けたのですが、雨宮 哲監督から「もっと格好悪くしてほしい」というリテイクをいただきました。特撮でこういうキックを撮影する場合は、アクターさんをワイヤーでつるしたり、踏み台を使ったりします。「ワイヤーが切れて、落ちた足がたまたま当たるような感じにしてください」というオーダーをいただいたので、テイク2では体勢を崩して落ちるような感じにしました。

本カットの制作を通して監督のやりたいことがわかり始めたものの、単に失敗しているだけのように見られないか、本作が目指す表現が視聴者に理解されるだろうかと、放送されるまではすごく不安でした。


  • レイアウトのテイク1(13フレーム・1/1)

  • レイアウトのテイク2(13フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(38フレーム・1/1)

  • レイアウトのテイク2(34フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(41フレーム・1/1)

  • レイアウトのテイク2(39フレーム・1/1)


  • レイアウトのテイク1(78フレーム・1/1)

  • レイアウトのテイク2(78フレーム・1/1)

▲長濵氏が担当した、第1回のカット(第1回 20:33あたり)。【左列】はレイアウトのテイク1、【右列】はレイアウトのテイク2。基本的に2コマ打ち(※1)で制作されている。「もっと格好悪くしてほしい」というリテイクを受け、跳ねるようなキレのあるキックが、体勢を崩して落ちるようなキックに変更されている。なお本作では、エフェクト制作やカメラワークも各カットの担当アニメーターが担っている

※1 アニメーションは1秒間に24フレームの画を連続再生することで動きを表現しており、異なる24枚の画を使う場合はフルアニメーション(フルコマ)と呼ぶ。2コマ打ちの場合は同じ画を2枚ずつ、3コマ打ちの場合は同じ画を3枚ずつ連続再生する。本作のアニメCG制作では、フルコマ、2コマ打ち、3コマ打ちが併用されており、同じカット内であっても、演出意図に応じた使い分けがなされている


▲レイアウトのテイク1の映像


▲レイアウトのテイク2の映像



  • モーションのテイク1(13フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(13フレーム・1/1)


  • モーションのテイク1(34フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(34フレーム・1/1)


  • モーションのテイク1(39フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(39フレーム・1/1)


  • モーションのテイク1(78フレーム・1/1)

  • T撮のテイク1(78フレーム・1/1)

▲【左列】同じく、モーションのテイク1/【右列】T撮のテイク。レイアウト、モーション、T撮の順番で、カットの完成度を高めていく。基本的な動きは先のレイアウトのテイク2と同様だが、火花もアニメーションも細かい調整が施されている


▲モーションのテイク1の映像


▲T撮のテイク1の映像。画面手前に配置された電柱と電線が遠近感を高めているのに加え、グリッドマンとグールギラスのスケール感も伝えている


C:テイク1の跳ねるようなスタイリッシュなキックも、これはこれで良い感じですが、本作の目指す方向性ではなかったわけですね。つくり手としては不安だったでしょうが、第1回の放送直後から視聴者は大喜びでしたね。

長濵:意外と皆さんわかってくださったので、嬉しかったです。

©円谷プロ ©2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

次ページ:
必死に殴るアンチの横で
クルマを可愛く跳ねさせる

その他の連載