>   >  画龍点睛:Vol.99 谿紅葉
Vol.99 谿紅葉

Vol.99 谿紅葉

STEP4:木の配置と朝霧のシミュレーション

▲プラグインのForest Pack Proを使用して、一気に森を作成します。まずは木のライブラリからいくつかを選択。

▲地形にそれぞれ適用します。自動でカメラの範囲に配置してくれるので、シーンが重くならずに済みます。

▲さらに、朝霧を表現したくて、Phoenix FDで木々の間を霧が流れていく様子をシミュレーションしました。

▲エフェクトは重いのでなるべく別シーンで作成するようにしています。それを本シーンに配置。

▲シーン内に全部収めました。結構な物量になってきましたね。

STEP5:合成作業

▲レンダリングした画像をそのままAfter Effectsに読み込みます。やや暗めですが、今回は32bit。Rec.709にしています。

▲レンダーエレメントでグローなどのエフェクトを追加していたので、それらを有効にします。

▲湿気を出すために霧の部分をぼかしてフレアにし、重ねます。

▲続いて背景にも手を加え、色を合わせていきます。

▲朝方の雰囲気にしたかったので、カラコレしてトーンを下げます。

▲さらにメリハリを付け、ノイズを加えたら完成です。

次ページ:
Extension Column 09