>   >  画龍点睛:Vol.62:隈取ペンギン
Vol.62:隈取ペンギン

Vol.62:隈取ペンギン

STEP 4:ポーズの検討とテクスチャの作成

画龍点睛 Vol.62:隈取ペンギン

▲ポーズをつけるために、CATを使用します。お手軽に変形できてとても便利です。

画龍点睛 Vol.62:隈取ペンギン

▲Furについては悩んだ末、短い毛なのでVRayFurを使用することにしました。

画龍点睛 Vol.62:隈取ペンギン

▲現在のテクスチャの状態でテストでレンダリングしてみます。

画龍点睛 Vol.62:隈取ペンギン

▲隈取模様を描くためにMudboxを使用。最近は3Dペイントが主流になってきましたね。

画龍点睛 Vol.62:隈取ペンギン

▲そのままのUVだと継ぎ目や入り組んだところが伸びてしまいます。そこでPTEXを使用します。

画龍点睛 Vol.62:隈取ペンギン

▲ただ、PTEXはまだ使用できない部分もあるため、PTEXからUVに転写抽出して、テクスチャを描き出します。

STEP 5:合成作業

画龍点睛 Vol.62:隈取ペンギン

▲After Effectsでレンダリングした画像を読み込みます。このままだとまだ生っぽい印象ですね。

画龍点睛 Vol.62:隈取ペンギン

▲少し色あせたトーンにしたかったので、ハイライトを抑えます。

画龍点睛 Vol.62:隈取ペンギン

▲毎度お馴染みのZバッファ素材を今回も使用します。

画龍点睛 Vol.62:隈取ペンギン

▲被写界深度を入れて子ペンギンを目立たせ、色を持ち上げます。

画龍点睛 Vol.62:隈取ペンギン

▲最後は色味を調整して、涼しげなトーンにしました。

▶︎次ページ:Basic MAX[外部参照(その2)]